脱毛の知識

【医師監修】全身脱毛をしたいけれど恥ずかしい!施術をするときの体勢や恥ずかしさを軽減するためのポイントを紹介

全身脱毛を検討している方の中には、スタッフや看護師に自分の裸を見られたり、変な体勢をしている姿を見られたりすることに対して恥ずかしさや抵抗感を持っている方も多いでしょう。

本記事では全身脱毛で感じる恥ずかしさを軽減するため、多くの人が恥ずかしいと感じるポイントや、どのような体勢で施術を受けるのかなどを紹介します。恥ずかしい思いをしないための対策についても解説するので、全身脱毛を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

全身脱毛で恥ずかしいと感じる理由は?

まずは全身脱毛において、多くの人が恥ずかしいと感じるポイントと、実際の状況についてお伝えします。

裸を見せるのが恥ずかしい

全身脱毛の施術を受けるとなると、全裸のまま過ごす時間が長いイメージがある方も多いのではないでしょうか。しかし実際には施術中は常に全身が見えているわけではありません。施術をする箇所以外はタオルやガウンで覆われており、一度に見せなくてはならない範囲は最低限で済みます。

また全身脱毛では施術を担当するスタッフや看護師に体のあらゆる箇所を見せるため、太っている、痩せているといった体型に関することや、毛深い、ニキビがある、アザがあるなどの見た目を気にする方も多いです。見た目にコンプレックスがある方にとってはどうしても気になってしまいやすい点ですが、施術担当者は数多くの施術を経験しているためどのような体型・毛質・肌質の方も見慣れています。また集中して施術を行っているので、あまり複雑に考えずにリラックスして施術を受けてみてください。

体勢が恥ずかしい

全身脱毛では、凹凸のある体のあらゆる箇所を適切に照射する必要があります。そのため施術担当者とともに、施術を受ける方も体勢を変えながら脱毛の施術を受けることになります。施術中には人にはあまり見られたくないような体勢を取る場合もあり、照射する箇所によっては恥ずかしく感じることもあるでしょう。

デリケートな箇所や隠れやすい箇所は、施術をするスタッフや看護師が視認できるよう足を広げたり、四つん這いになったりします。照射漏れがないように、体勢を変えることは避けられませんが、施術をする箇所以外はタオルなどを使って隠し、手早く施術を進めるなどなるべく恥ずかしくないように対応をしてもらえます。

ニオイが恥ずかしい

全身脱毛では基本的に、ワキやVIO、足など、ニオイが気になりやすい箇所にも照射が必要です。汗をかきやすい夏場や、仕事・学校帰りなどでは、施術を担当するスタッフにワキやVIOなどのニオイが届いてしまわないか心配になる方もいます。しっかりと洗っているつもりでもデリケートゾーンのニオイが気になるケースや、靴を履いている時間が長いと足が蒸れてニオイが気になるケースもあるでしょう。

ニオイは自分では分からないことも多く、迷惑をかけるのではないかと不安に思う方も多いです。しかし施術を担当するスタッフや看護師はこのようなケースにも慣れているため、過度に気にする必要はありません。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

全身脱毛の施術を受ける際の体勢

全身脱毛の施術を受ける際の体勢

前述したとおり、全身脱毛では施術時にさまざまな体勢を取ります。事前にどのような体勢をするか把握しておけば、いきなり体勢を変える指示をされるよりも恥ずかしさは抑えられるでしょう。ここからは施術を受ける箇所によって、一般的にどのような体勢を取るかをご紹介していきます。

顔・腕・足

顔・腕・足の場合、仰向けの状態で施術を受けます。施術を受ける箇所以外はガウンやタオルで覆われているので、恥ずかしさを感じにくいでしょう。腕や足への照射では表面だけでなく裏面も行うため、ヒジやひざを少し曲げることもあります。
また仰向けになっているときは、光が目に当たらないようタオルやゴーグルなどで目隠しをするため、スタッフや看護師と目が合ったり、鏡などで自分の体勢を目にしたりすることもありません。

ワキ

ワキに照射を行う際には仰向けで片方の腕ずつ手を上げ、ワキをしっかり見せるような体勢で施術を受けます。恥ずかしさを感じる体勢ではありませんが、ワキは毛が密集している箇所であるため、恥ずかしさよりも痛みが気になる方もいるでしょう。

胸・お腹

胸やお腹の施術を受ける際も仰向けの状態です。胸やお腹以外はタオル・ガウンで覆われています。胸の大きさやお腹まわりが気になるかもしれませんが、それぞれの照射が終わり次第、スタッフや看護師がタオルなどで隠してくれます。

Vライン

Vラインは、下着からはみ出しやすいデリケートゾーンの正面の毛を指しており、ビキニラインと呼ぶこともあります。

施術を受ける際には、仰向けに寝てから足を少し開いた体勢になります。閉じた状態だと足が重なった箇所がよく見えないため、足を広げた状態で施術するのです。必要に応じてタオルや紙ショーツをずらしながら照射するため、いきなりVIOがすべて表に出るようなことはありません。

iライン

iラインとは、女性器の周りにある毛のことを指します。皮膚が薄いだけでなく湾曲した面に毛が生えており、処理が難しい箇所です。

クリニックやサロンによっても異なりますが、仰向けに寝た状態で片足のひざを立て、さらにもう一方のひざを横に倒した体勢でiラインの施術を受けることが一般的です。横に倒した側のiラインが見えやすくなります。iラインは特に恥ずかしさを感じる箇所かもしれませんが、施術時間は数分であっという間に終わるでしょう。

Oライン

Oラインとは、肛門周りにある毛のことです。毛の量は少ないものの、他のデリケートゾーンと同様に皮膚が薄い箇所でもあります。

施術では、Oラインを見せるように少し足を開いたうつ伏せ、もしくは横向きの体勢になります。クリニックやサロンによっては四つんばいになるケースもありますが、こちらもタオルや紙ショーツをずらしながら照射するので、丸見えになることはほとんどありません。

背中

背中もうつ伏せの体勢で施術を受けます。ブラジャーなどの下着は着替えの時点で外して、ガウンやタオルを下半身に身に着けた状態です。エステを受けているような体勢になるため、それほど恥ずかしさを感じることはないでしょう。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

施術を担当するスタッフはどう思っている?

施術を担当するスタッフや看護師にどう思われているのかが気になって、全身脱毛を迷っている方もいらっしゃるでしょう。

施術担当者は施術の研修を受ける際に、スタッフや看護師同士で脱毛の施術を実践するケースがあります。そのため施術を受ける方がどういった気持ちになるのかは、施術担当者も良く理解しているでしょう。

また毎日施術を行っているので、施術を受ける方の体型やニオイなども気にしていません。それよりも施術を受ける方が施術中に感じる痛みや、脱毛の効果が下がらないように丁寧に照射することなどに気を配っています。細心の注意を払って脱毛の施術を行っているため、他のことを考えている隙もないのです。

そのため、施術スタッフや看護師からどのように思われているのかを気にしすぎる必要はありません。それでも恥ずかしいと感じる方は、次に説明するような方法で施術を受けてみてください。

全身脱毛で恥ずかしさを軽減するためのポイント

全身脱毛で恥ずかしさを軽減するためのポイント

全身脱毛の施術を受ける際にどうしても恥ずかしいと感じてしまう場合に、その気持ちを軽減するためのポイントを紹介します。脱毛を受ける前にできることが多いので、ぜひ検討してみてください。

個室のクリニックやサロンを選ぶ

なるべく落ち着いた雰囲気で施術を受けたい場合には、完全個室制のクリニックやサロンを選ぶのも一つの手です。完全個室制ではない場合、広い施術室をカーテンで仕切っているだけで、周囲の施術の様子や声が聞こえることもあります。完全に仕切られていないと、なかなか落ち着けなかったり、自分の会話も聞こえてしまったりするため、恥ずかしさを感じやすいです。

完全個室制であれば、施術する空間には自分とスタッフまたは看護師しかいないため、リラックスできるでしょう。

全身脱毛の流れを把握しておく

脱毛の施術を受けた経験がなく、どのような施術が行われるか分からないことで緊張して恥ずかしく感じる人もいます。受付をしてから施術が終わるまでの一連の流れを以下に紹介するので、事前に把握して心の準備をしてください。

受付・化粧落とし

クリニックやサロンに行って受付を済ませたら、呼ばれるまでロビーで待ちます。顔脱毛を予定している場合は化粧や日焼け止めを落としておきましょう。施術を受ける部屋に移動する前にパウダールームで落とす場合もあれば、施術を受ける部屋でシートなどを使って落とす場合もあります。

着替え

施術を受ける部屋に入ったら、用意されているガウンや紙ショーツなどに着替えます。すぐに着替えられるよう、脱毛の施術当日は着替えをしやすい服装にするのがおすすめです。汗やニオイが気になる方は着替えの段階で拭き取っておくとよいでしょう。

肌の状態の確認、説明

施術を担当するスタッフや看護師から、脱毛を行う箇所の状態確認と施術に関する説明を受けます。その日のコンディションに不安があるときや、今までと違う点があるときはこの段階で相談してください。

シェービング

自己処理が難しい箇所の脱毛の施術を受ける際は、担当するスタッフや看護師がシェービングをしてくれるケースもあります。範囲にもよりますが、手の届かない箇所のみであれば15分程度で終わる場合が多いです。クリニックやサロンによってシェービングの扱いや料金が変わるので、事前に確認しておきましょう。

目のゴーグルやアイマスクの装着

脱毛機のレーザーや光から目を守るために、ゴーグルやアイマスク、タオルなどで目を隠します。以降は脱毛の施術が終わるまで視覚が遮られるケースが多いです。

施術とその後の注意点などの説明

一般的には、施術前にテスト照射を受けます。脱毛機の出力で痛みなどに問題がなければ、施術が始まります。痛みが強い場合は、出力を調整して施術を受けたり、クリニックであれば麻酔を使用したりすることが多いです。

照射が終わったら、スタッフもしくは看護師が肌に異常がないかを確認しながら照射箇所の冷却や保湿を行います。その間に、脱毛後の注意点などの説明を受けます。

着替えと帰宅

脱毛後の説明を聞き終えたら、脱毛の施術は完了です。肌に残っている冷却ジェルなどを拭き取って着替えます。医療レーザー脱毛の場合、赤みやかゆみを抑える薬が処方されることもあるでしょう。このタイミングで次回の施術を予約するケースもあります。

事前のカウンセリングで不安点を解消しておく

全身脱毛の施術を受ける前に、必ず事前のカウンセリングを受けるようにしましょう。事前カウンセリングの中で施術の詳細やプラン、リスクなどについて確認してください。全身脱毛はどのような施術方法があるのか、どのような痛みや症状が起こる可能性があるのか、その他にも個人的に気になる点や不安などを質問して解消しておくことが大切です。またスタッフと会話をしておけば、恥ずかしさや緊張を緩和させられる場合もあります。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

自己処理を行っておく

医療レーザー脱毛や光脱毛では、脱毛の施術を受ける前日に自己処理をする必要があります。

脱毛は、レーザーや光が毛のメラニン色素に反応して発毛組織にダメージを与え、発毛組織にダメージを与えたり破壊したりするものです。毛が伸びている状態のままでは、残っている毛にもレーザーや光が反応して熱が伝わりにくくなったり、毛が焼けたりするリスクがあります。やけどの原因になることもあるので、事前のムダ毛処理は省略できません。

自己処理をしていない場合には、施術の前の時間でスタッフや看護師にシェービングを依頼することになります。自己処理が不十分だと、その分だけ肌を見せる時間も長引いてしまうでしょう。なるべく恥ずかしい思いをしたくない方は、可能な範囲で自己処理をしておくようにしてください。クリニックやサロンによっては予約をする際にシェービングの依頼をしておかなければならないケースや、一律有料になるケースもあります。シェービングの扱いについても事前カウンセリングで確認しておくとよいでしょう。

また不用意な傷を作らないためにも、自分では自己処理が難しいところは無理をせずにスタッフや看護師に依頼することをおすすめします。

施術を受ける時間帯を調整する

脱毛の施術を受ける際のニオイが気になる場合は、施術を予約する時間帯を工夫してみてください。まだ汗をかいていない午前中に予約をしておくとよいでしょう。

また少し早めに受付をして、着替える段階で気になる箇所だけウェットティッシュで拭いておくのもよい方法です。制汗剤は毛穴を塞ぐことがあり、レーザーや光が奥まで届かずに脱毛効果が下がる恐れがあるので、当日の汗対策は拭き取りのみにしてください。

まとめ

本記事では全身脱毛の流れや受け取るときの体勢、恥ずかしさを軽減するポイントなどについて紹介しました。まずは施術の全体像を把握するだけでも、分からないことや想像できないことによる不安や恥ずかしさを抑えられるでしょう。

全身脱毛の施術を行っている「じぶんクリニック」では、定期的な研修を受けている看護師が施術を行うため、どのような悩みを持つ方にも慣れています。また施術を担当する看護師は全員女性です。
無料で事前カウンセリングを受け付けているので、全身脱毛に興味がある方はお気軽に予約してみてください。

鈴木 稚子 医師
この記事の監修者
鈴木 稚子 医師
診療科目:美容皮膚科
診療科目:美容皮膚科

全身脱毛は肌を見せる範囲が広く、デリケートゾーンを含めるとなおさら恥ずかしく感じることでしょう。しかしクリニックやサロンでは、施術を受ける方が快適に過ごせるよう、次に何をするのか声をかけたり、照射をする箇所以外はタオルやガウンで隠したりしながら施術をするようにしています。中には施術中に寝てしまう方もいらっしゃるほど、実際に受けてみると抵抗感がない場合もあります。まずはカウンセリングなどを活用して、クリニックやサロンの雰囲気を確認してみてください。