脱毛の知識

【医師監修】VIO脱毛で人気の形は?メリットや期間、形を決める際のポイントを紹介

VIO脱毛を検討している方の中には、どのような形にするか迷っている方も多いでしょう。特に医療脱毛では一度脱毛してしまった毛穴からは毛が生えなくなるため、「他のデザインにすればよかった」などと後悔することのないよう、慎重に決める必要があります。

しかしデリケートな箇所のことについて、身近な人に相談するのは恥ずかしく思う人も多いはずです。本記事では、VIO脱毛に興味がある方に向けて、人気の形や施術を受けるメリットなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

VIOとは?

まずは脱毛の施術でよく使われるVIOとは、そもそもどこの箇所のことなのかを解説します。クリニックやサロンによっても多少変わりますが、基本的な範囲について確認していきましょう。

Vラインとは

Vラインは、水着や下着のショーツで三角形に隠す箇所のことを指します。ビキニラインとも呼ばれ、水着や下着などからムダ毛がはみ出しやすく、毛が目立つ箇所です。クリニックやサロンによって範囲が異なる場合もありますが、基本的には正面から見たアンダーヘア、デリケートゾーンの上部全てを指すことが多いです。

iラインとは

iラインは女性器を囲む両側の直線部分のことで、女性器の始まりから肛門までを指します。iラインに生えているムダ毛には尿や経血、おりものなどが付着しやすく、雑菌が繁殖しやすい箇所です。自分では見えにくいため自己処理が難しい上に、ショーツと密着しているため通気性の悪さが蒸れにつながり、かぶれやかゆみ、ニオイが生じやすい箇所でもあります。したがって、衛生面を気にして脱毛する方が多いです。

Oラインとは

Oラインは、肛門周りにある毛を指しています。外からは目立たない箇所ですが、自分でも目視が難しい箇所であるため、自己処理をしなくてよいように脱毛を希望する方が多いです。iラインと同じく、Oラインのムダ毛を脱毛すれば排せつ物や経血が毛に付着することを防げるので、清潔な状態を保てます。

VIO脱毛で人気の形は?

VIO脱毛で人気の形は?

VIO脱毛というと全てのムダ毛をなくすタイプが有名ですが、毛を少し残した形も人気です。また海外の女優やモデルの中には、VIOゾーンの毛量を少なくするだけでなく、形を変えて好きな形へおしゃれに整えている方もいます。ここからは、VIO脱毛の施術を受ける方に人気があるアンダーヘアの形についてお伝えしていきます。

ハイジニーナ

VIO脱毛でも特に有名なデザインはハイジニーナです。ハイジニーナはVIOゾーン全ての箇所の毛をなくし、ツルツルな状態にすることを指します。元々は海外で人気でしたが、最近では日本でも選択する人が増えてきているデザインです。アンダーヘアがなくなるので恥ずかしさを感じる方もいる一方で、さまざまなメリットがあります。

まずアンダーヘアがなくなることで衛生面が向上するメリットがあります。毛がないので汗をかいたときや生理のときでも蒸れることが少なくなり、かぶれやかゆみ、ニオイなどを軽減できるでしょう。

またアンダーヘアが下着や水着からはみ出る心配もなくなります。特にiラインやOラインは自分で確認しにくい箇所であるため、下着や水着のデザインによっては「しっかりチェックしたはずなのに、ムダ毛がはみ出ていた」ということも起こりやすいです。ハイジニーナにすれば、ムダ毛がはみ出る心配をしなくて済むのでストレスがなくなるでしょう。

ナチュラル

Vラインの定番な形がナチュラルです。Vラインのアンダーヘアを、丸みを帯びた逆三角形にするデザインのことを指しています。角を取るようにフチから整えることでアンダーヘアの範囲を減らし、下着や水着からはみ出ないようにできます。VIO脱毛でよく提案されるデザインの中でも特に自然な形なので、脱毛の施術を受けたことにも気付かれにくいです。

毛が生えている面積が小さすぎると恥ずかしい方や、VIO脱毛の施術を初めて受ける方に向いているデザインです。

トライアングル

Vラインのアンダーヘアを、ナチュラルよりも小さい逆三角形にするデザインのことをトライアングルと呼びます。ビキニラインの上部について前述したナチュラルよりも多めに脱毛するため、よりスッキリとした印象になります。毛は残したいものの、コンパクトな形状の水着や下着、正面が細めのTバックなどでも毛がはみ出ないようにしたい方に向いているデザインです。

オーバル

オーバルは、Vラインのアンダーヘアを縦に楕円形にするデザインのことを指します。曲線が女性らしさや可愛らしい印象を与えるデザインです。毛を残す面積が大きめであればより自然な形に、小さめであればより可愛らしい印象にできます。水着や下着からムダ毛がはみ出さないようにしたい方は、小さめのオーバルを選択するとよいでしょう。

Iライン(長方形)

Iライン(長方形)は、その名のとおりアンダーヘアを長方形にするデザインです。海外ではハイジニーナの次に人気があります。無毛にしてしまうハイジニーナには抵抗があり、最低限の毛は残したい方が選択することの多いデザインです。脱毛する範囲が広く、毛が少ないためセクシーな印象にもなりやすいです。コンパクトな水着や下着を着用してもアンダーヘアがはみ出しません。

スクエア

スクエアは、全ての毛を脱毛することに抵抗が強い方で、大きさにこだわりたい方に向いている形です。Vラインのアンダーヘアを正方形にするデザインで、オーバルのように曲線を描かない分、サイズを細かく調整できます。

大きめのスクエアであれば自然に、小さめのスクエアであればスタイリッシュに仕上がります。自分好みの形にしやすく、お手入れしやすい点も魅力です。

人気の形以外に個性的な形にもできる

人気とはいえませんが、クリニックやサロンによっては個性的なデザインに対応してくれるところもあります。たとえばハート型や星型など、自由にデザインできる場合もあります。アンダーヘアでもおしゃれを楽しみたい、人と違った形にしたい方は、希望の形について相談してみましょう。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛のメリット

ここからはVIO脱毛の施術を受けるメリットについて解説します。アンダーヘアを整えるメリットはさまざまです。ハイジニーナのように迷う要素があるデザインについては、メリットも併せて検討すると決めやすくなるでしょう。

デリケートゾーンを清潔な状態に維持できる

VIO脱毛の施術を受けると、先述したとおりアンダーヘアの毛量が少なくなるため、蒸れたりかぶれたりすることが減ります。デリケートゾーンの通気性が向上し、尿や経血が残りにくくなることで、雑菌の繁殖も抑えられ、清潔な状態を保ちやすくなります。

蒸れや汚れによる肌トラブルを予防できる上にニオイも軽減されるので、デリケートゾーンの不快感を減らせるでしょう。

自己処理の手間がかからなくなる

デリケートゾーンのムダ毛を自分で処理するのは大変な作業です。自己処理を行う時間と手間が減ることは、VIO脱毛の大きなメリットといえるでしょう。

特にVIOゾーンの中でも、iラインとOラインは湾曲した箇所に毛が生えており、自分では見えにくく、凹凸もあるため一段と自己処理がしにくいです。粘膜に近い箇所でもあるので、肌荒れだけでなくけがにつながる恐れもあり、慎重に処理をしていただきたい箇所です。

VIO脱毛をすればアンダーヘアを処理する手間が少なくなるため、毛量が減るごとに自己処理が簡単になっていきます。

VIOゾーンの黒ずみが改善される可能性がある

VIOゾーンは、刺激を受けて色素沈着が起きることで黒ずむケースがあります。下着との摩擦はもちろん、自己処理による刺激、傷も要因の一つです。VIO脱毛の施術を受けることで自己処理の回数が少なくなり、カミソリ負けや出血などの肌トラブル、肌への刺激そのものも少なくなります。VIO脱毛によって肌の負担や刺激が減れば、自己処理が原因の黒ずみを改善できる可能性があります。

おしゃれを存分に楽しめる

特に、夏はプールや海で肌を見せる機会も増える季節です。レジャーでもかわいくておしゃれなファッションを楽しみたいと考えている方も多いでしょう。VIO脱毛の施術を受けていれば、水着や下着を着用する際にアンダーヘアがはみ出すことがなくなり、自信を持って好きなデザインのファッションを楽しめるようになるでしょう。

妊娠・出産での恥ずかしさが軽減される

最近では、妊娠中の検診や出産で他人にVIOゾーンを見られることに備え、妊活の一環として脱毛を受ける方も増えています。

妊娠するとお腹が大きくなるため、デリケートゾーンが見えにくくなったり、しゃがむことが難しくなったりします。妊娠中の自己処理はけがのリスクも高まるため、推奨されません。自己処理ができないまま検診や出産に至り、他人にVIOゾーンを見られるのを恥ずかしいと感じる方もいます。VIO脱毛を受けておけば、自己処理ができないことによる恥ずかしさやストレスは減らせるでしょう。

将来の介護される際の負担が少なくなる

将来、介護される立場になったときに備えて、事前にVIO脱毛を受ける方もいます。アンダーヘアの量が多いままだと介護される側も介護する側も負担になるため、その負担を軽減するために脱毛の施術を受けるのです。

たとえばVIO脱毛の施術を受けていれば、おむつを装着した際にアンダーヘアに排せつ物などが付かなくなるため、清潔に保ちやすく恥ずかしさも軽減できるようになるでしょう。また介護する側としても、デリケートゾーンが清潔な状態であるため、スムーズに介助しやすくなります。

しかしアンダーヘアが白髪になると、医療レーザー脱毛や光脱毛の施術を受けられなくなる点に注意してください。医療レーザー脱毛や光脱毛は、レーザーや光が毛に含まれるメラニン色素と反応して発生した熱で発毛組織にダメージを与えるものです。白髪はメラニン色素が失われているため、レーザーや光を当てても反応しなくなってしまいます。このため介護脱毛を検討している場合には、医療レーザー脱毛のように長期的に毛をなくせる脱毛の施術を早めに受けておくことが大切です。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

VIO脱毛はどのくらいの期間で完了する?

ここからは、VIO脱毛の施術を開始してからどのくらいの期間で脱毛が完了するのか紹介します。ただし、人それぞれ毛量や毛質などは異なるため、あくまで目安としてお考えください。

医療レーザー脱毛が完了するまでの目安回数

脱毛箇所 自己処理が楽になるまでの回数 ツルツルになるまでの回数
Vライン 5~6回 8回以上
iライン・Oライン 5~8回 10回以上

なお、エステサロンなどで受けられる光脱毛の場合には、上記に挙げた医療レーザー脱毛の倍以上の施術回数が必要です。「〇月〇日に水着を着るので、それまでに脱毛を完了させたい」といった明確な目的があってVIO脱毛の施術を受けるときは、脱毛にかかる期間を考慮してスケジュールを組むようにしましょう。

VIO脱毛の形を決める際のポイント

VIO脱毛の形を決める際のポイント

VIO脱毛の形を決めるとき、考えておくべきポイントを紹介します。納得のいく脱毛の施術を受けるためにも、施術前にここから紹介する内容を把握しておきましょう。

脱毛をすると元に戻せないことを認識しておく

脱毛の施術全てに共通することですが、医療脱毛でVIO脱毛を受けると照射した箇所からは毛が生えなくなります。後から別のデザインにしたいと思っても、デザインの種類によっては後からの修正や、脱毛中の変更はできない可能性も高いです。永久脱毛ではない光脱毛であったとしても、一定期間毛が減ってしまうことは避けられません。施術を受けた後、脱毛をした面積が小さすぎたと感じても元には戻せないと思っておきましょう。

そのため脱毛の施術を受ける前に、どのような形にするか、毛を残す面積はどうするかなどをよく検討するようにしてください。

事前にパートナーに相談しておく

VIO脱毛を受けるかどうか、どのような形にするかなどは、もちろん自分で決めることです。しかし配偶者や恋人など、パートナーからの印象が気になる方は施術を受ける前に相談しておいてもよいでしょう。

脱毛の施術を受ける方の好みとパートナーの好みが合わない可能性もあります。前述したとおり、VIO脱毛を受けるとヘアスタイルのようには気軽にアンダーヘアのデザインを変えられません。また医療脱毛の施術を受けた場合、時間が経てば再び毛が伸びるということもありません。パートナーの反応や印象も考慮したい方は、後悔しないように細かいことも含めてVIO脱毛についてすり合わせしておくのがおすすめです。

希望する形や毛の状態に合わせて脱毛方法を決める

VIO脱毛を受けるときは、脱毛クリニックやエステサロンで受けられる光脱毛よりも短期間で完了する医療レーザー脱毛を選ぶと、スケジュールに合わせやすいでしょう。

医療レーザー脱毛は光脱毛よりも高い出力で照射でき、発毛組織を破壊します。毛が濃く、毛量も多い方は医療脱毛が向いているといえるでしょう。また光脱毛よりも必要な施術回数が少なく、期間も短いため、脱毛を完了しておきたい期日に間に合う可能性が高いです。

また、アンダーヘアのデザインを星形やハート形など個性的なデザインに細かく調整したい場合や、白髪になっている場合はニードル脱毛が向いています。ただしニードル脱毛の場合、個人差はありますが痛みを感じやすく、費用や時間もかかりやすい点を把握しておきましょう。目的や毛の状態に合わせた脱毛方法を検討してください。

まとめ

本記事ではVIO脱毛における人気のデザインや、VIO脱毛を受けるメリット、注意点などについてまとめました。アンダーヘアのデザインは一度脱毛の施術を受けると変更が難しいため、慎重に検討するようにしましょう。また医療レーザー脱毛や光脱毛は白髪になった毛には効果がないため、将来を見据えてVIO脱毛の施術を受ける場合は早めに計画してください。

なお、全身医療脱毛の専門クリニックである「じぶんクリニック」では、施術を担当する看護師は全員女性です。そのため、VIO脱毛が恥ずかしいと感じている女性の方でも施術を受けやすいでしょう。

じぶんクリニックにおけるVIO脱毛を含むプランは「全身+VIO+顔」プランと「全身+VIO」プランの2種類があります。無料カウンセリングを受け付けているので、VIO脱毛に興味がある方や自分に合ったプランをお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

鈴木 稚子 医師
この記事の監修者
鈴木 稚子 医師
診療科目:美容皮膚科
診療科目:美容皮膚科

VIO脱毛に初めて挑戦する方は、多くの人が選択しており人気のあるナチュラルなデザインにしておくと失敗しにくいです。そうすることで毛の広がりや量による不快感を軽減しつつ、後からさらに毛を減らしたい、なくしたいと思っても対応できます。どうしても不安な方は、事前カウンセリングでどのようなデザインの施術が多いかを聞いたり、自分の状況に適したデザインなどを確認したりしてもよいでしょう。