脱毛の知識

【医師監修】医療脱毛の蓄熱式は効果がないって本当?メリットやデメリット、向いている人について解説

医療レーザー脱毛は「蓄熱式」「熱破壊式」の2種類に分かれ、それぞれ脱毛の仕組みやレーザーの出力などが異なります。蓄熱式は効果がないという主張もしばしば見られますが、実際のところ本当なのでしょうか。

本記事では蓄熱式の医療レーザー脱毛のメリットやデメリットを紹介し、どのような人に向いているかを解説します。熱破壊式との比較や注意すべき点も説明するので、ぜひ最後までご覧ください。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

医療レーザー脱毛の照射方法には2種類ある

医療レーザー脱毛は、照射方法によって蓄熱式と熱破壊式の2種類に分けられます。アプローチできる発毛組織や照射方式などに違いがあるため、それぞれ適した毛質や毛量も異なります。

蓄熱式と熱破壊式の違いを把握しておけば、医療脱毛を検討する際の参考になるでしょう。蓄熱式と熱破壊式の違いについては、以下で詳しく説明します。

蓄熱式脱毛とは?

蓄熱式脱毛とは後述する熱破壊式脱毛と比較して、低い出力のレーザーを連続的に照射する脱毛方法です。レーザーが毛に含まれるメラニン色素と反応し、徐々に熱が発生します。発生した熱は皮膚の表層付近にあるバルジ領域という発毛組織に伝わり、発毛組織を破壊することで脱毛を実現します。

バルジ領域は、毛の成長を促す指令を出す組織です。バルジ領域を破壊して働きを抑えることで発毛の指令が伝達されなくなるため、毛が生えなくなります。

なお、蓄熱式脱毛はレーザーの出力が低いため、一度の照射のみではバルジ領域の破壊に必要な熱量を発生させられません。連続で照射することで徐々に熱を蓄え、バルジ領域を破壊するのが蓄熱式脱毛の特徴です。

熱破壊式脱毛との違い

熱破壊式脱毛とは、高出力のレーザーを一度だけ照射する脱毛方法です。レーザーが毛のメラニン色素と反応して熱を発生させるという仕組み自体は、蓄熱式脱毛と変わりません。

しかし熱破壊式脱毛のレーザーは蓄熱式よりも高出力でメラニン色素と良く反応するため、瞬間的に多くの熱が発生します。また毛穴の奥深くにある発毛組織にも、単発の照射で熱が伝わりやすいです。

発生した熱によって毛の成長に直接関わる組織である、毛根の毛乳頭や毛母細胞と呼ばれる発毛組織にダメージが加わります。熱破壊式脱毛では毛乳頭や毛母細胞を破壊することで、脱毛効果を得られるのです。

蓄熱式脱毛は効果がないって本当?

蓄熱式脱毛は効果がないって本当?

医療レーザー脱毛のうち蓄熱式脱毛は、熱破壊式脱毛よりもレーザーの出力が低いことから、十分な効果を得られないと思われがちです。また蓄熱式脱毛が「効果がない」と言われる原因の一つとして、施術を受けてから毛が抜けるのを実感できるまでの期間が、熱破壊式脱毛よりも長くかかることが挙げられます。

しかし蓄熱式と熱破壊式は脱毛に至る原理が異なるだけで、発毛組織を破壊することに変わりはないため、長期的に見れば同等の脱毛効果を期待できます。

蓄熱式脱毛は徐々に脱毛効果を実感できる

蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛は破壊する組織のターゲットが異なることから、蓄熱式脱毛では施術を受けてから毛が抜け落ちるまで少し時間がかかります。蓄熱式脱毛は熱破壊式脱毛のように毛の成長に直接関わる組織を破壊する原理ではないため、発毛の指令がなくなってから毛が抜けるのを実感するまでにタイムラグが生じるのです。

脱毛の効果の現れ方には個人差がありますが、蓄熱式脱毛では施術から3〜4週間程度で毛が抜け始めます。

熱破壊式脱毛は比較的早めに脱毛効果を実感できる

熱破壊式脱毛は蓄熱式脱毛よりも、早期に脱毛効果を実感しやすいのが特徴です。現在成長している毛根自体を直接破壊するため、施術後の比較的早い段階で脱毛の効果を実感できます。

熱破壊式脱毛の場合、人によっては施術当日〜数日後には脱毛の効果を実感できるケースもあり、遅くても1〜2週間経過すれば毛が抜け始めることが多いです。

蓄熱式脱毛も熱破壊式脱毛も永久脱毛の効果がある

蓄熱式脱毛は永久脱毛はできないと勘違いする方もいます。しかし前述したとおり発毛組織を破壊できる脱毛方法であるため、熱破壊式脱毛と同様に永久脱毛の効果を期待できます。

なお永久脱毛とは、施術箇所の全ての毛が永久的に生えなくなることではありません。永久脱毛はFDA(アメリカ食品医薬品局)によって、「複数回の施術後に再生する毛の数を安定的・長期的に減らすもの」と定められています。(※)

※出典:Food and Drug Administration「Laser Facts

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

蓄熱式脱毛のメリット

蓄熱式脱毛のメリット

医療レーザー脱毛を検討する際、蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛のどちらを扱っているクリニックにするべきか悩んでいる方もいるでしょう。ここからは蓄熱式脱毛のメリットを詳しく紹介します。

施術を受けるときの痛みが少ない

医療レーザー脱毛ではレーザーを照射し熱を発生させるため、いくらか痛みを伴います。ただし、蓄熱式脱毛は医療レーザー脱毛の中でも、比較的痛みを感じにくい脱毛方法です。

蓄熱式脱毛に用いるレーザーは熱破壊式脱毛よりも低出力で、急激な熱の発生と温度の上昇を抑えられます。施術を受ける方の肌質や施術箇所などによって差はありますが、多くの場合、強く痛むことはなく、ほんのりと温かさを感じる程度で済みます。

蓄熱式脱毛は痛みが少ない傾向にあるため、熱破壊式と比べると発毛組織を破壊しにくく、効果がないと勘違いする方もいますが、前述したとおり誤りです。蓄熱式脱毛がターゲットとするバルジ領域という発毛組織は、皮膚の比較的表層に存在するため、痛みを強く感じるほどの熱を発生させる必要がないのです。

痛みが心配な方や肌が弱い方は、蓄熱式脱毛の医療レーザー脱毛機を導入しているクリニックを選択するとよいでしょう。

施術後に肌トラブルが起こるリスクを軽減できる

脱毛の施術で照射した箇所は、熱の影響により肌トラブルが生じる可能性があります。ただし蓄熱式脱毛では、比較的弱い出力のレーザーを照射するので発生する熱も低く、肌トラブルのリスクを軽減できます。脱毛の施術で起こり得る肌トラブルの代表例は以下のとおりです。

肌トラブルの代表例 説明
赤み・ヒリヒリ感 照射をしたときの刺激による痛み
毛嚢炎(もうのうえん) 毛穴に細菌が侵入して引き起こされる炎症
やけど レーザーを照射するときに発生する熱によるもの
色素沈着 肌への刺激によるシミ・黒ずみ
増毛・硬毛化 施術後に毛が増加・硬化する現象

蓄熱式脱毛であれば熱破壊式脱毛よりも肌への負荷を抑えられる傾向にあるため、肌トラブルが心配な方は蓄熱式脱毛を検討してみてください。

色黒肌でも施術を受けられる

医療レーザー脱毛はメラニン色素と反応させて脱毛をする仕組みです。しかしメラニン色素は色黒肌や日焼けをした肌にも多く含まれるため、色素の濃い肌にレーザーを照射すると毛だけでなく皮膚とも反応して強い痛みやけどなどのリスクが生じます。そのため、肌の色が黒い場合や日焼けをしている場合、熱破壊式脱毛の施術を受けられないケースがあるのです。

一方で蓄熱式脱毛は、熱破壊式脱毛では難しい肌質であっても施術を受けられる可能性があります。蓄熱式脱毛は熱破壊式脱毛よりも低出力のレーザーを用いるため、メラニン色素との反応が控えめであり、痛みや肌トラブルを引き起こす可能性が低いです。ただし肌の濃さによっては、蓄熱式脱毛であっても受けられない場合もあることを理解しておきましょう。

産毛や細い毛にも脱毛効果がある

蓄熱式脱毛はメラニン色素の少ない産毛や細い毛であっても、脱毛効果が期待できます。

医療レーザー脱毛に用いるレーザーは、十分な量の熱を発生させなければ脱毛効果を得られません。しかし熱破壊式脱毛はメラニン色素と反応するレーザーを単発的に照射します。やけどなどのリスクを考慮して照射すると、産毛や細い毛に含まれるメラニン色素が足りず、毛根を破壊できるほどの熱が発生しにくいのです。

一方で蓄熱式脱毛は、レーザーを連続的に照射し徐々に熱を蓄積するので産毛や細い毛であっても十分な量の熱を与えられます。また蓄熱式脱毛がターゲットとするバルジ領域は皮膚の表層付近に存在するため、熱破壊式脱毛より少量の熱であっても発毛組織を破壊できるのです。

産毛や細い毛を効率的に脱毛したい方は、蓄熱式脱毛を視野に入れてみてください。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

蓄熱式脱毛のデメリット

蓄熱式脱毛のデメリット

ここまで、蓄熱式脱毛のさまざまなメリットを紹介しました。ここからは蓄熱式脱毛のデメリットについて詳しく解説します。蓄熱式脱毛の注意点を事前に把握しておき、自身の肌質や目的に合った脱毛方法を選びましょう。

即効性はない

前述のとおり蓄熱式脱毛は毛が抜け落ちるまでに、熱破壊式脱毛よりも長い期間を要します。個人差はありますが、目安としては施術を受けてから3〜4週間かけて徐々にムダ毛が抜け落ちます。

長期的には蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛の効果は変わらないため、施術直後に毛が抜けなくとも心配はいりません。ただしなるべく早く脱毛効果を実感したい方は、蓄熱式脱毛ではなく、熱破壊式脱毛を導入しているクリニックを選ぶとよいでしょう。

白髪には効果がない

蓄熱式脱毛は皮膚の表層付近にあるバルジ領域をターゲットとするため、メラニン色素の少ない産毛や細い毛の脱毛も可能です。しかしメラニン色素をまったく含まない白髪の場合は、発毛組織を破壊するために必要な熱が発生しないため、脱毛に至りません。

蓄熱式脱毛も熱破壊式脱毛もメラニン色素がなければ熱の発生にはつながらないので、医療レーザー脱毛で白髪の脱毛は不可能と理解しておきましょう。

白髪を脱毛したい場合は、ニードル脱毛の施術を受けるのが唯一の選択肢です。ニードル脱毛とは専用の針を毛穴に挿入し、電気を流して毛根を破壊する脱毛方法です。医療レーザー脱毛と同様に発毛組織を破壊する仕組みであるため、永久脱毛を実現できます。

根深い毛や剛毛には熱破壊式のほうが効果的

蓄熱式脱毛は色素の薄い毛から濃い毛までさまざまな毛質に対応していますが、色素が濃い毛の場合は熱破壊式脱毛の方がより高い脱毛効果を見込めます。

前述したとおり、熱破壊式脱毛は高出力のレーザーで瞬間的に多くの熱を発生させる方法です。メラニン色素を多く含む根深い毛や剛毛においては、蓄熱式脱毛よりも効率良く発毛組織を破壊できます。

蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛どちらがよい?

蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛どちらがよい?

蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛では効果や注意点などに違いがあります。ここからはそれぞれの脱毛方法が向いている人の特徴を紹介するので、どちらの施術を受ければよいか分からない人は、ぜひ参考にしてください。

蓄熱式脱毛が向いている人とは?

蓄熱式脱毛は、以下のような方に向いています。

  • 施術を受けるときの痛みが不安な方
  • 敏感肌の方
  • 色黒肌の方
  • シミやほくろが多い方
  • 肌トラブルを抑えたい方
  • 脱毛効果に即効性は必要ない方

熱による痛みが心配な方や、肌の色素が濃い方は、蓄熱式脱毛の医療レーザー脱毛機を導入しているクリニックを選択するのがよいでしょう。

ただし前述したとおり、日焼けがひどい場合は蓄熱式脱毛であっても施術を受けられないことがあります。脱毛の期間中は日焼けを避けるよう心がけましょう。もし日焼けをした状態で脱毛の施術を受けたい方は、検討しているクリニックの医師や看護師に相談してください。

熱破壊式脱毛が向いている人とは?

熱破壊式脱毛は、以下のような方に向いています。

  • 剛毛を脱毛したい方
  • VIOやワキの脱毛を希望する方
  • 肌の色素が薄い方
  • 脱毛効果に即効性を求める方

熱破壊式脱毛に用いるレーザーはメラニン色素と強く反応するため、太く濃い毛の脱毛に適しています。特にVIOやワキは剛直で根深い毛が密集しているので、熱破壊式脱毛が効果的です。また脱毛効果を早めに実感したい方は、熱破壊式脱毛の医療レーザー脱毛機を取り扱っているクリニックを選択してみてください。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

蓄熱式脱毛の施術を受けた後の注意点

蓄熱式脱毛は熱破壊式脱毛よりも肌への負担が少ないとされていますが、肌荒れや肌トラブルが起きる可能性はゼロではありません。肌トラブルのリスクを軽減するためにも、蓄熱式脱毛の施術を受けた後の注意点を紹介します。

保湿を徹底する

蓄熱式脱毛は熱破壊式脱毛よりも痛みを感じにくく、肌への負担がかかりにくいのが特徴です。しかし蓄熱式脱毛であっても発毛組織を破壊するほどの熱を加えている以上、肌へのダメージをゼロにすることはできません。施術の際に発生した熱は肌の水分を奪い、バリア機能を弱めるため、肌が乾燥しないように正しい対策を取る必要があります。

施術の前後は、肌に優しい化粧水で脱毛箇所をよく保湿してください。化粧水の後は乳液や保湿クリームなどで仕上げて肌の水分量を維持しましょう。

日焼け対策を徹底する

肌の色が濃すぎる場合は、蓄熱式脱毛であってもやけどなどのリスクがあります。なるべく日焼けをしていない状態で施術当日を迎えるためにも、日焼け止めクリームなどを塗って日焼け対策をしてください。

また施術の後は肌がダメージを受けた状態のため、紫外線は強い刺激となります。メラニン色素が分泌されて、シミやくすみにつながるリスクも高まります。肌トラブルなどを未然に防ぐためにも、炎天下のレジャーはなるべく控え、日頃からケアを忘れないようにしてください。長袖や日傘を活用するのもおすすめです。

まとめ

医療レーザー脱毛には蓄熱式脱毛と熱破壊式脱毛の2種類が存在します。蓄熱式脱毛は発毛の指令を出すバルジ領域を破壊する脱毛方法です。蓄熱式脱毛は熱破壊式脱毛よりも低出力のレーザーを用いるため、施術時の痛みや肌トラブルを軽減できます。肌に負担をかけたくない方は、蓄熱式の医療レーザー脱毛機を導入しているクリニックを検討するとよいでしょう。一方で毛が抜け落ちるまでには時間がかかるため、脱毛効果に即効性を求める方は熱破壊式脱毛の方が向いています。

全身医療脱毛の専門クリニック「じぶんクリニック」では、蓄熱式と熱破壊式両方の脱毛機を導入しており、施術を受ける方の毛質や肌質に合わせた施術が可能です。「ソプラノチタニウム」は低出力のレーザーを高速で連射することでより痛みを少なくした蓄熱式の脱毛機です。到達深度が異なる3種類の波長のレーザーを用いるため、剛毛から産毛まで幅広く対応できます。

「ラシャトリニティプロ」は熱破壊式の脱毛機であるものの、照射と同時に肌を冷却することで熱による痛みを極力抑えられる仕組みです。レーザーを分割して照射でき、急激な肌の温度上昇を防ぐ機能も備わっています。ソプラノチタニウムと同様に3種類のレーザーを照射できるため、さまざまな毛質が混在していても問題なく脱毛の施術を受けることが可能です。

定期的に研修を受けている看護師が施術を受ける方に適した脱毛機を選び、出力を調整しながら施術を行います。無料のテスト照射も可能なので、医療レーザー脱毛に興味のある方はお気軽にカウンセリングを受けてみてください。

矢加部 文 医師
この記事の監修者
矢加部 文 医師
診療科目:形成外科・美容皮膚科
診療科目:形成外科・美容皮膚科

蓄熱式脱毛機は痛みや熱を感じにくいため、本当に効果があるのか不安になる方もいるでしょう。しかし痛みの強さと効果の大きさは比例しません。蓄熱式脱毛も熱破壊式脱毛も、最終的には脱毛効果を実感できます。

蓄熱式脱毛は熱破壊式と同様に永久脱毛が可能なため、効果ではなく肌質や脱毛をしたい箇所に合わせて検討するとよいでしょう。またクリニックによっては、蓄熱式と熱破壊式のどちらかしか導入していないケースもあります。クリニックを選ぶ際は、どのような医療レーザー脱毛機を取り扱っているかも確認してみてください。