脱毛の知識

【医師監修】産毛の脱毛はできる?脱毛方法やメリット、注意点について解説

「処理をしたはずの産毛を思いがけず見つけてしまった」という経験をお持ちの方は意外と多いのではないでしょうか。自己処理だとどうしても産毛が残ってしまう方、手間がかかってストレスになっている方には、産毛の脱毛がおすすめです。

本記事では、産毛に適している脱毛方法やさまざまな産毛を脱毛するメリット、注意点などについて解説していきます。

産毛の脱毛はできる?

産毛は脱毛することができます。ただし普通の毛と比べると、脱毛効果を感じるまでに時間がかかったり、施術回数を重ねたりする必要が出てくる場合もあります。ここでは普通の毛に比べるとなぜ産毛の脱毛は難しいのかについて確認していきましょう。

産毛の脱毛は難しいの?

産毛は普通の毛に比べてメラニン色素が少なく、短くて細い、柔らかい毛です。

レーザー脱毛や光脱毛では特殊なレーザーや光を照射して、毛根のメラニン色素に反応させて脱毛していくのですが、メラニン色素の薄い産毛では、レーザーや光による熱の反応が起こりづらく、脱毛するのが難しいと言われることがあります。

しかし現在では脱毛機にもさまざまな種類があり、産毛に適したレーザー脱毛機による施術であれば、産毛であっても脱毛することが可能です。

産毛は施術回数を重ねて少しずつ脱毛していくのがおすすめ

産毛の脱毛では、丁寧に施術を重ねて少しずつ脱毛することをおすすめします。

医療レーザー脱毛や光脱毛では、レーザーや光を照射することで生じる熱で発毛組織にダメージを与えることで脱毛や減毛効果を得られます。メラニン色素の薄い産毛は、通常の毛よりもレーザーや光が反応しにくいため照射の出力を上げすぎてしまい、やけどなどの肌トラブルにつながってしまうおそれがあります。
産毛を脱毛する際は肌に負担をかけないために、出力を上げすぎずに少しずつ回数を重ねて脱毛をしていきましょう。

産毛の脱毛に適している脱毛方法

産毛を脱毛する場合は、医療脱毛がおすすめです。脱毛クリニックやエステサロンなどで脱毛の施術を受けられますが、医療脱毛とエステ脱毛では効果に違いがあることはご存じでしょうか。
クリニックなどの医療機関のみで施術を受けられる医療レーザー脱毛では、特殊なレーザーを照射して発毛組織を破壊することで、高い脱毛効果を得られます。一方でエステサロンや脱毛サロンなどで施術を受けられる光脱毛は、発毛組織を破壊することはなくダメージを与えるのみで、一時的な除毛・減毛を目的としています。そのため長期間、産毛の脱毛効果を持続させたい場合は、医療脱毛を検討するのがおすすめです。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜62,000
税込68,200

産毛脱毛に効果的な照射方法

医療レーザー脱毛の照射方法には、「熱破壊式(ショット式)」と「蓄熱式」との2種類があります。その2つの中で産毛の脱毛に対してより効果を発揮するのは、蓄熱式です。

熱破壊式(ショット式)は、高出力のレーザーで毛根を破壊します。熱破壊式のメリットは施術後に短期間で毛が抜けるため、脱毛効果をすぐに実感しやすい点です。熱破壊式はメラニン色素の濃いしっかりとした毛に対して高い効果がありますが、産毛の脱毛については蓄熱式と比べて効果が低いとされています。また個人差はあるものの、レーザー照射時に強い痛みを感じやすいです。

一方で蓄熱式は、比較的低い出力のレーザーを素早く連続照射することで毛の成長に関わる組織にじわじわと熱を与えて脱毛します。痛みが少ないだけでなく、産毛の脱毛にも効果的である点が特長です。

産毛脱毛に効果的なレーザー

医療レーザー脱毛機では「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ヤグレーザー」の3種類のレーザーが主に使われ、それぞれのレーザーには得意とする毛質や毛の深さがあります。

アレキサンドライトレーザーは他のレーザーより波長が短く、メラニン色素と反応しやすいです。メラニン色素が多く、黒くて太い毛の脱毛に効果を発揮します。しかしその一方で産毛のようなメラニン色素の脱毛にはレーザーが反応しづらいです。

ヤグレーザーはアレキサンドライトレーザーとは反対の性質を持ち、皮膚の深くまでレーザーが届きます。男性のヒゲのような毛根が深い毛から色素の薄い産毛まで脱毛が可能です。

ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの中間となるバランスのよいレーザーです。幅広い肌質や毛質に対応でき、産毛の脱毛にも適しています。

医療レーザー脱毛の効果は、照射方式とレーザーの組み合わせで決まり、産毛の脱毛に特に効果的な照射方法とレーザーは蓄熱式とダイオードレーザーとされています。ただし産毛と一口に言っても、メラニン色素の濃さや毛根の深さに個人差があるため、単純に「産毛の脱毛をしたいなら、蓄熱式のダイオードレーザーでなければならない」というわけではなく、一人ひとりの毛質や毛量に応じた適切な施術が必要です。施術前のカウンセリングで自分に合った脱毛機をスタッフに相談するようにしましょう。

産毛が気になりやすい箇所

産毛が気になりやすい箇所

顔や腕などに生えている産毛は、自分でチェックする機会が多く気になってしまうことが多いでしょう。また背中は自分では確認しにくいですが、実は人目に触れやすい箇所です。ここからは顔や腕、背中の産毛について、詳しく見ていきましょう。

顔の産毛は鏡を見るたびに目につくため、気になりやすい箇所です。口周りや眉の周辺だけでなく、頬、額、あご下などの顔全体に生えています。産毛が生えていることで、顔全体がくすんだような印象を与えたり、化粧ノリが悪くなったりする可能性があります。

腕の産毛は自分でも目につきやすく、人目にふれることも多い箇所です。特に夏場は腕を露出することが多く、ふとした瞬間に目にとまってしまうため、気になりやすい箇所です。

二の腕からヒジ、ヒジから腕、そして指先まで生えている腕の産毛は、自己処理している方も多いのですが、自己処理を繰り返すことで、肌に負荷がかかりやすく肌荒れにつながるケースもあります。

背中

背中の産毛は自分では見にくい箇所ですが、他の人からはよく見えてしまう箇所です。日常的に気になる箇所ではないとはいえ、暑くなって水着やキャミソールなど肌を見せる機会が増えてくると、特に目立ってしまうことも。背中は自分自身で見えづらいだけでなく手が届きにくいため、自己処理するのが難しいでしょう。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜62,000
税込68,200

産毛を脱毛するメリット

産毛の脱毛には、自己処理する手間が少なくなる他にも、さまざまなメリットがあります。ここでは、産毛の脱毛によって得られるメリットについて詳しく解説します。

顔の印象が明るくなる

産毛を脱毛することで、顔の印象が明るくなります。普通の毛よりもメラニン色素が少ないため、産毛1本1本ではそれほど目立たなくても、顔全体に生えていることで、肌がくすんだような印象になることがあるのです。

顔全体の産毛を脱毛すれば、それだけで顔全体が明るくなり透明感がアップするでしょう。

化粧ノリが良くなる

産毛の脱毛よって、化粧のノリが良くなるというメリットがあります。

産毛の脱毛をした肌では、化粧水や美容液などを産毛に邪魔されることなく肌に均一に浸透させられるようになります。さらにファンデーションやフェイスパウダーなどもムラにならずに肌にのせることが可能です。時間が経ってもヨレずに化粧崩れを起こしにくくなります。

おしゃれを楽しめる

前述したとおり、背中や腕には産毛が意外と多く生えていて、特に背中は自分では気付いていなくても周囲からはしっかりと見えてしまっていることが多いです。肌の露出が増える夏場では、「毛が生えていないか」「人から変に見られていないか」などを気にしながら水着や背中が見える服を着るのでは、おしゃれを楽しむ気持ちも半減してしまうでしょう。産毛の脱毛をすれば背中など自己処理が難しい箇所でも、剃り残しなどを心配する必要がなくなります。

また脱毛をすれば、汚れや皮脂が毛穴に溜まりにくくなったり、自己処理による肌トラブルが起こりにくくなったりして肌荒れを防ぐことにもつながります。肌の状態が整うことで、素肌を見せる服もより楽しめるようになるでしょう。

産毛を脱毛する際の注意点

産毛を脱毛する際の注意点

ここまでお伝えしてきたとおり、産毛の脱毛にはさまざまなメリットがあります。しかしその反面、リスクや注意点などもあるため、実際に施術を受ける際には十分に理解した上で施術を受けることが大切です。ここからは、産毛を脱毛する際の注意点について紹介していきます。

硬毛化のリスクがある

「硬毛化(こうもうか)」と言う言葉を初めて知ったという方も多いのではないでしょうか。まれではありますが脱毛には硬毛化のリスクがあり、特にメラニン色素が薄い産毛の脱毛では硬毛化が起きやすいと言われています。

硬毛化とは、脱毛の施術後に、毛が以前よりも濃く太い毛として生えてくることです。脱毛目的で照射するレーザーが刺激となることで、硬毛化は起こると考えられていますが、詳細な原因については今のところ分かっていません。

産毛はメラニン色素が薄く、脱毛の効果を得るためにはレーザーや光を照射する回数を通常の脱毛よりも増やす必要があり、他の箇所と比べて硬毛化が起こるリスクが高くなります。実際にレーザーを照射してみないと硬毛化するかどうか分からないため、予測することが難しいです。

なお硬毛化は医療レーザー照射だけでなく、エステサロンや家庭用脱毛器の光脱毛でも起こる可能性があります。どのような脱毛方法であっても硬毛化が起こった場合には、医師の診断を受けましょう。万が一の場合に、医療機関で受けられる医療レーザー脱毛であれば、クリニックに在籍する医師による適切かつ迅速な処置を受けることが可能です。

施術の回数が多い傾向にある

産毛はメラニン色素が薄いため、どうしてもレーザーや光が反応しにくいという性質があります。産毛の脱毛を行うには、状態を確認しながらゆっくりと照射出力を上げていかなければなりません。

産毛の濃さや太さは個人差があり、脱毛による効果は人によっても異なりますが、施術の回数が増えやすく脱毛が完了するまでに期間がかかる傾向にあることを認識しておきましょう。

脱毛できない箇所がある

安全に脱毛の施術を受けるためにも、産毛が生えていたとしても脱毛できない箇所があることを理解しておきましょう。

顔の産毛の中でも、目の周りや髪の毛付近に生えている産毛は基本的には脱毛できません。目の周りは、万が一、レーザーや光が眼球に照射された場合に視力低下や失明のおそれがあります。また髪の毛付近は、濃く太い毛にレーザーや光が過剰に反応してしまいやけどになってしまうリスクがあるのです。

どのくらいの範囲まで脱毛可能かどうかは、施術を受けるクリニックやサロンによっても異なる場合があります。施術前に確認しておいたほうがよいでしょう。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜62,000
税込68,200

医療脱毛による産毛脱毛をおすすめする理由

医療脱毛による産毛脱毛をおすすめする理由

産毛をなくすには自己処理や光脱毛などの方法もありますが、その中でも医療脱毛で脱毛するのがおすすめです。ここでは、医療脱毛による産毛の脱毛をおすすめする理由について解説していきます。

産毛をムラなく脱毛できる

自己処理ではどうしても処理をできていない部分が出てきたり、処理が難しい部分が出てきたりしてしまいます。特に背中の産毛の処理では、中心の部分まで手が届かなかったり、鏡に映しても見えにくかったりと、労力を必要とするわりには仕上がりにムラが出てしまうことも多いです。

その点、医療脱毛では医師や看護師がカウンセリングを行い、適切な施術を選択してくれます。施術を行うのも専門知識と技術を持った医師や看護師などのため、ムラのないキレイな肌に仕上がります。

肌トラブルの改善・予防になる

自己処理を行うにはカミソリや電気シェーバーなどが手軽ですが、自己処理を行う度に肌を傷付けてしまい肌荒れにつながってしまうケースもあります。また産毛が生えていることで、皮脂や汚れが毛穴に溜まり、ニキビができやすいというデメリットもあるでしょう。

医療脱毛では自己処理による肌荒れを避けることができ、産毛が脱毛されることで毛穴が引き締まる効果も期待できます。毛穴に皮脂や汚れが詰まることがなくなり、ニキビや肌荒れの改善、予防などにもつながります。

気になることがあれば相談できる

脱毛サロンやエステサロンで脱毛の施術を受ける場合にもカウンセリングはあり、スタッフに気になることや不安なことなどを相談できます。しかし、医療脱毛であれば医師や看護師に質問したり相談したりすることが可能です。医療知識を持った医師や看護師に対してであれば、施術の効果や起こり得るリスクなどについて、より詳細な返答をしてもらえる可能性が高まります。

また、万が一、施術によりやけどや硬毛化などが起こった際にも、医師が在籍しているため、迅速な処置を受けることもメリットです。

まとめ

ここまで、産毛の脱毛についてご紹介してきました。特に、医療脱毛では高い効果を実感できるだけでなく、肌のトーンアップや肌荒れ予防なども期待できます。ただし産毛はメラニン色素が薄いため、通常の脱毛と比べると脱毛効果が出にくかったり、硬毛化が起きやすかったりする注意点もあります。そのようなことが起こった場合でも安心なのは医療脱毛です。医師や看護師が在籍している医療脱毛であれば迅速に診察や処置を受けられるでしょう。

「じぶんクリニック」では全身や顔、VIOの医療レーザー脱毛を受けられ、産毛の脱毛にも対応しています。事前のカウンセリングから実際の施術までを研修を受けている看護師が担当し、一人ひとりの希望や毛質、毛量に適した施術を行います。産毛の脱毛に効果的な蓄熱式の脱毛機もあり、痛みに配慮しながらも高い脱毛効果を得ることが可能です。

また無料カウンセリングでは、医療脱毛についての説明や脱毛プランについての詳しい説明を行っています。無料カウンセリングには十分な時間が設けられているので、不安な点や疑問点があればどのようなことでも相談可能です。無料カウンセリングは、Webサイトや電話から簡単に申し込めるため、まずは、お気軽にお問い合わせください。

横山 歩依里 医師
この記事の監修者
横山 歩依里 医師
診療科目:美容皮膚科
診療科目:美容皮膚科

産毛脱毛は顔を明るく見せてくれたり美肌効果があったりと、メリットも多いですが、効果が分かりにくいといったデメリットもあります。また、硬毛化のリスクも他の部位よりやや高い傾向があります。
産毛は色素が薄いためレーザーが反応しにくいことがあります。なるべくリスクを抑えて効果を望むためにも、蓄熱式のダイオードレーザーというのは一つの良い選択肢です。痛みが少ないというのも嬉しいところ。全身いろんなところを脱毛したい場合には、脱毛機を何種類か取り揃えているクリニックを選ぶと安心ですね。