脱毛の知識

【医師監修】脱毛に剃らないで行くとどうなるの?自己処理の必要性や正しいやり方を紹介

脱毛の施術を受けるとき、手間がかかるから自分では剃らないで行きたいと思う方もいるでしょう。しかし医療レーザー脱毛や光脱毛の前には、自己処理を済ませておく必要があります。剃らないで脱毛の施術を受けると、施術時間が長くなったり、肌トラブルの原因になったりするからです。

本記事では自己処理の必要性や、剃らないで脱毛に行った場合に生じるデメリットなどについて解説します。また自己処理の正しい方法についても紹介しますので、効率よく脱毛を受けるためにもぜひ参考にしてください。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

脱毛前には自己処理が必要?

多くの場合、脱毛の施術を受ける前に自己処理をすることを求められますが、脱毛の種類によっては直前に剃らなくてもよいことがあります。まずは脱毛の種類ごとで、自己処理が必要かどうか紹介します。

医療レーザー脱毛・光脱毛の場合

クリニックで受ける医療レーザー脱毛や、サロンで受ける光脱毛は、脱毛の前日にムダ毛の自己処理をしておいてください。照射を受ける全ての箇所を剃る必要があります。えり足やVIO、背中といった自分で剃るのが難しい箇所は、当日にシェービングをしてもらえる場合もあります。当日のシェービングについては、クリニックやサロンによって異なるため事前に確認しておきましょう。

ニードル脱毛の場合

医療脱毛のうちニードル脱毛は、施術直前の自己処理が必要ありません。ニードル脱毛は毛穴に特殊な針を差し込み、電流を流して発毛組織を破壊する脱毛方法です。針を毛穴に差し込む際、毛をつまみながら施術するため、毛を数ミリ程度伸ばしておく必要があります。このため施術前日にムダ毛を剃る必要はありません。

脱毛に剃らないで行くとどうなるの?

脱毛に剃らないで行くとどうなるの?

医療レーザー脱毛や光脱毛を受ける際、脱毛当日にムダ毛の自己処理を行わないとどうなるか、発生し得るリスクやデメリットについて解説します。

やけどのリスクが高まる

医療レーザー脱毛や光脱毛の場合、基本的にムダ毛を剃っていない状態では施術を受けることができません。その理由は施術方法の仕組みに関係があります。

レーザーや光を用いて行う脱毛は、脱毛したい箇所にレーザーや光を照射し、毛に含まれているメラニン色素と反応した熱で発毛組織にダメージを与えるという仕組みです。しかしムダ毛が伸びたままになっていると、毛が表に出ている分、肌の表面にやけどを負うリスクが高まります。やけどのリスクを抑えるためにも、ムダ毛を事前に処理しておくことは欠かせません。

十分な脱毛効果を得られない可能性がある

ムダ毛が伸びたままだったり、剃り残しがあったりする状態で脱毛の施術を受けると、レーザーや光によって発生する熱が余計な毛に分散してしまいます。分散することで発毛組織へ熱が届きにくくなり、脱毛効果が十分に得られない可能性もあります。

また前述したとおり、ムダ毛の剃り残しがあると肌表面で熱が発生するため痛みも強く出やすいです。痛みには個人差がありますが、痛みが強い場合は出力を下げて施術を受けることになるでしょう。出力を弱めると、発毛組織を破壊しきれずに、脱毛効果が下がってしまう恐れもあります。脱毛完了までに必要な施術回数が増えるなど、脱毛の結果にも影響が出るということも覚えておきましょう。

照射時間が短くなる可能性がある

予約の管理をするため、脱毛の施術は1回当たりの時間が決まっています。ムダ毛を剃らないで脱毛に行くと、そのままでは施術を進められないため、照射に入る前にシェービングを行うクリニックやサロンが多いです。

事前にシェービングを含めた予約ができていれば、シェービングを考慮した時間を確保してもらえますが、急にシェービングが必要になると決められた時間の中で全ての工程を終わらせなければなりません。シェービングに時間を割くことで、レーザーや光を照射する時間が短くなってしまうケースもあります。

施術時間が短いと、本来予定していた範囲の照射を受けられなかったり、施術後に用意されていたスキンケアなどの工程が省略されたりする場合も考えられます。契約したプランをしっかりと活用するためにも、事前の自己処理は必ずしておくようにしましょう。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜48,000
税込52,800
医療脱毛 シンプルプラン

脱毛前の正しい自己処理のやり方

脱毛前の正しい自己処理のやり方

自己処理は正しい方法で行うことが大切です。肌を傷付けたり誤った方法で処理をしたりすると、脱毛の効果が下がってしまう場合もあります。ここからは、脱毛前の正しい自己処理の方法について解説するので、実践する際の参考にしてください。

電気シェーバーを使う

自己処理をする際は、カミソリなどを使用する方が多いですが、電気シェーバーを使いましょう。電気シェーバーは刃が肌に直接触れないため、カミソリと比較すると肌に負担がかかりにくいです。けがをする恐れもなく、脱毛前に傷をつけて照射ができない箇所をつくってしまう恐れもありません。

電気シェーバーで自己処理をするときは、肌と刃を並行にして、毛の流れに沿って剃るようにしましょう。顔やVIOなど皮膚が薄く凹凸の多い箇所は、箇所ごとに使いやすい形状で作られた専用の電気シェーバーを用いると自己処理がしやすいです。

毛抜きやワックスなどの使用はNG

ムダ毛を処理する方法の中には、毛抜きやワックスなど「毛を抜く」タイプのアイテムもあります。しかしこれらを使用した施術前の自己処理は控えるようにしてください。

毛抜きやワックスなどによる自己処理は、毛を根こそぎ抜いてしまいます。施術を受けるとき、レーザーや光のターゲットとなるメラニン色素を含んだ毛がなくなるため、発毛組織付近で熱が発生せず脱毛効果がなくなります。

また毛抜きやワックスなどは引き抜く際に力がかかるため、毛穴や毛穴の周辺の肌を傷付けやすいです。炎症や毛嚢炎(もうのうえん)につながる恐れがあります。炎症がある箇所は脱毛の施術を受けられないケースが多く、脱毛に影響が出る可能性も高いです。

脱毛の施術前に毛抜きやワックスで自己処理をしてしまったときは、早めに予約を変更しましょう。クリニックやサロンによって、予約の変更ができる期限や、予約変更にかかる費用の有無が変わるため、カウンセリングやホームページなどで事前に確認しておいてください。

手の届く範囲で自己処理をする

手の届かない範囲を無理して処理しようとすると肌を傷付ける恐れがあります。えり足や背中、腰、ヒップなど自分で処理をしにくい箇所については、できる範囲で対応しましょう。無理して自己処理を行った結果、肌を傷付けてしまい脱毛当日までにけがや傷が残っていると、施術を受けられないことがあります。

自分では見えにくく手も届きにくい箇所は、前述したとおりクリニックやサロンで剃り残しのシェービングを行ってくれるケースが多いです。シェービングを依頼する際に有料になる場合もあるので、どのような扱いになるかは契約しているクリニックやサロンで確認してください。

なおじぶんクリニックでは、自分では手が届きにくい範囲として、以下に挙げる箇所の剃り残しは無料でシェービングを受けられます。

  • えり足(うなじ)
  • 背中
  • ヒップ
  • ヒップ奥(Oライン)

保湿を徹底する

自己処理後は肌の表面に傷が付いており、バリア機能も下がっているため、自己処理の後は保湿を徹底するようにしましょう。ケアを怠ると少しの刺激や雑菌で肌トラブルになりやすく、肌トラブルが長引くと施術を受けられなくなる可能性もあるため、自己処理後は化粧水や乳液、クリームなどを使って保湿をしてください。

まとめ

本記事では医療レーザーや光脱毛の施術を受ける前に自己処理を行う理由や、自己処理をしないまま施術を受けに行くとどうなるかなどについて解説しました。ムダ毛を剃らないままでも問題がないのはニードル脱毛のみです。医療レーザーや光脱毛の場合は、脱毛効果を下げず効率的に施術を受けるためにも、必ず自己処理をしておきましょう。

じぶんクリニックでは、自己処理が難しい箇所であるえり足(うなじ)・背中・腰・ヒップ・ヒップ奥(Oライン)に関しては、剃り残しがあっても無料で対応しており、施術時間にも影響はありません。また、施術当日のキャンセルも無料でできるため(条件あり)、当日にシェービングを忘れたことに気付いたり、肌トラブルが治らなかったりしても予約を変更しやすいです。詳細は事前カウンセリングでも確認できるため、気になる方はお気軽に予約をしてみてください。

藤堂 紗織 医師
この記事の監修者
藤堂 紗織 医師
診療科目:美容皮膚科・内科
診療科目:美容皮膚科・内科

医療レーザー脱毛や光脱毛のレーザーや光は強い熱をもたらします。肌トラブルを避けるためにも、自己処理をしていない肌には照射できません。もし施術を受けられたとしても、毛が多い箇所を避けて照射しなければならないでしょう。十分に照射できないにもかかわらず、プランの回数を消化してしまうので損をしてしまいます。手間と時間はかかりますが、医療レーザー脱毛や光脱毛の施術を受ける方は肌の状態を確認しながら自己処理をして、施術前になるべく剃り残しが発生しないように努めましょう。