脱毛の知識

【医師監修】ブライダル脱毛はいつから始めるべき?施術を受ける箇所や注意点について解説

人生の晴れ舞台である結婚式を最高の思い出にするために、ブライダル脱毛を受ける方が増えています。ブライダル脱毛を受ければ、ムダ毛を気にすることなく素敵なドレスを着こなせます。しかしどの箇所を脱毛すべきか、いつからブライダル脱毛を始めるべきか疑問に思っている方が多いのではないでしょうか。

本記事では、ブライダル脱毛で人気の箇所や、いつからブライダル脱毛を始めたらよいのかについて詳しく解説しています。ブライダル脱毛が間に合わないときの対処法や注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜62,000
税込68,200

ブライダル脱毛とは?

ブライダル脱毛とは、結婚式に備えて、ウエディングドレスを理想通りに着こなすために花嫁が受ける脱毛のことです。当日に着るウエディングドレスのデザインに合わせて、脱毛箇所を選んで施術を受けます。

ウエディングドレスは普段よりも露出のあるデザインのものが多く、ブライダル脱毛をしてキレイに着こなそうと考える方が多いのです。

また「ブライダル脱毛」という呼び名ではありますが、何か特別な施術を受けるわけではありません。結婚式に向けた脱毛のことをブライダル脱毛と呼んでいるだけであり、施術内容は一般的な脱毛と同じです。

ブライダル脱毛でおすすめの箇所

ブライダル脱毛でおすすめの箇所

ブライダル脱毛を受ける箇所は、自分で決められます。ウエディングドレスのデザインに合わせて、必要な箇所の施術を受けましょう。

とはいえ、どこを脱毛したらよいのか迷ってしまう方が多いはずです。そのような方のために、ここではブライダル脱毛におすすめの脱毛箇所を6つ紹介します。

えり足

えり足はブライダル脱毛で非常に人気の高い箇所です。結婚式では髪をアップスタイルにすることが多いため、えり足は周りからよく見られます。

しかし手が届きにくく自分では見えない箇所であり、自己処理がなかなかうまくできません。そのため、えり足はブライダル脱毛でも人気なのです。結婚式の髪型にもよりますが、えり足は目立ちやすいので施術を受けておくとよいでしょう。

産毛が多いため、余裕を持ったスケジュールで脱毛を受けた方がよい箇所でもあります。医療脱毛の場合、半年から1年以上前にはスタートするよう心がけてください。

背中

背中もまた産毛がほとんどであることから、早めに脱毛を始めた方が良い箇所の一つです。ウエディングドレスは背中が大きく見えるデザインのものが多くあります。背中もえり足と同じく、周りからは見られやすい箇所ですが自己処理を行うのは簡単ではありません。自分で自己処理を行うとなると、剃り残しができたり肌を傷付けてしまったりする場合もあるでしょう。そのため、背中の開いたウエディングドレスを着る方は結婚式を機に脱毛の施術を受ける方が多くいます。

背中はバージンロードを歩くときや写真撮影のときに、周りから大きく注目される箇所です。遠目からでもムダ毛が生えているのが分かりやすいため、自信を持って理想のウエディングドレスを着こなすためにも背中の脱毛を検討してみてください。

ウエディングドレスはデコルテが大きく開いたデザインのものも多くあります。デコルテは周りからも注目される箇所です。脱毛をしておけば、スポットライトを浴びたときや写真撮影のときも、産毛やムダ毛が目立ってしまうことがありません。デコルテのムダ毛がなくなることで、顔のトーンアップも期待できます。

ワキ・腕

ワキや腕のムダ毛は、ウエディングドレスに限らずどのような服装をしていても見られやすい箇所です。特に結婚式では、キャンドルサービスやブーケトスなどのイベントがあるため、腕を上げるシーンが多くあります。またウエディングドレスのデザインは、ワキや腕のムダ毛が見えやすくなっているものが一般的です。

ムダ毛はもちろんですが、ウエディングドレスを着るときに注意したいのは、ワキの黒ずみです。自己処理を繰り返していると、刺激が原因でメラニン色素が分泌され、黒ずみができてしまうことがあります。

結婚式の半年から1年前までに脱毛の施術を受けておくと、自己処理による黒ずみが解消する可能性があるため、気になる方は早めに脱毛をしておきましょう。

手の指・甲

手の指や甲はあまり目立つ箇所ではないと思われがちですが、実は周りからは見られやすいので要注意です。結婚式やブライダルフォトでは、指輪が注目されるシーンが多くあります。

指輪に注目が集まると必然的に手の指や甲にも目がいくため、気を抜けません。ネイルをして指を晴れやかにする方も多いですが、手の指や甲の脱毛をしておくことでさらに美しい手元になれます。指の毛も産毛であるため、早めに脱毛に取りかかりましょう。

顔は意外と見落とされがちですが、産毛が生えているため光の当たり具合によってはムダ毛が目立ってしまいます。カメラのフラッシュがたかれた瞬間に産毛が反射して目立つ可能性もあるため、顔もなるべく早めに脱毛を済ませておきたい箇所の一つです。

また産毛とはいえ、ムダ毛には色があるため何もお手入れをしない状態だと顔がくすんだり暗く見えたりするので注意しましょう。顔の脱毛をしておけば、肌のトーンを明るく見せる効果も得られます。その他にも顔のムダ毛がなくなると、化粧ノリがよくなる効果も期待できます。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜62,000
税込68,200

ブライダル脱毛はいつから始める?

ブライダル脱毛はいつから始める?

ブライダル脱毛はいつから始めるべきでしょうか。脱毛は1回の施術では十分な効果が出ません。

定期的な間隔で複数回施術を受けることで、ようやく自己処理がほとんどいらない状態になります。また医療脱毛か光脱毛かでも、ブライダル脱毛を始めるのに適した時期が異なるため、それぞれ確認しておきましょう。

医療脱毛の場合:結婚式の半年~1年半前には始める

医療脱毛を受ける場合は、結婚式の半年~1年半前には施術を受け始めるのが一般的です。ブライダル脱毛で施術を受けることが多い背中や腕、顔の毛は他の箇所と比べると細いため、脱毛効果が出るまでに時間がかかります。脱毛は毛が濃いほどメラニン色素が多く、レーザーが反応しやすいのです。

医療脱毛は約5回で効果が出るといわれていますが、ムダ毛が細い箇所はもう少し施術回数が必要である場合も考えられます。毛周期に合わせて1~3ヵ月に1回施術を受けることを考えると、半年~1年半前には施術を開始しておくべきです。

なお、毛周期とは、毛が生えてから抜けるまでの一連の流れのことを指します。成長初期、成長後期、退行期、休止期とあるうち、脱毛は成長初期・後期の毛にしか効果を発揮しません。全ての毛が成長初期・後期になったタイミングでレーザーを照射するために、1~3カ月おきに施術を受ける必要があるのです。半年~1年半あれば十分な回数の施術を受けられるため、ツルツルの状態で結婚式に臨めます。

光脱毛の場合:結婚式の2年前には始める

エステサロンや脱毛サロンで受けられる光脱毛は、医療脱毛と比べると脱毛機の出力が低く、永久脱毛に至らないため脱毛完了までにより多くの時間がかかります。施術回数も箇所によっては約20回以上必要です。毛量が多かったり、産毛で光が反応しづらかったりする箇所は、何度も施術を受けなければなりません。

そのため結婚式に合わせてツルツルの状態を目指したいと考えている場合は、遅くても2年前には施術を受け始めるようにしましょう。施術開始が遅くなると、ムダ毛が残った状態で結婚式に臨むことになってしまいます。光脱毛を検討している場合は、早い段階から計画的に施術を受けるようにしましょう。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜62,000
税込68,200

急ぎのブライダル脱毛には医療脱毛を

ブライダル脱毛を考えている場合は医療脱毛が向いています。医療脱毛なら結婚式の準備で忙しい花嫁でも無理なく施術を受けられるだけでなく、肌トラブルが起きたときも迅速に対処してもらえるためです。ここからは詳細について解説します。

少ない回数で効率的に施術を受けられる

施術箇所や施術を受ける方によっても異なりますが、一般的に医療脱毛であれば約5回で脱毛が完了します。通う回数が少なく済むため、効率よく施術を受けられる点が医療脱毛の大きなメリットです。何年も通わなくてよいため、負担なく施術を受けられます。

永久脱毛の効果がある

医療脱毛には、永久脱毛の効果があります。FDA(アメリカ食品医薬品局)によると、永久脱毛とは複数に渡る施術を受けた後、再度生える毛の数を安定的かつ長期的に減らすものと定義されています。(※)

生涯絶対に毛が生えないことを保証する施術ではありませんが、医療脱毛は発毛組織を破壊できるため長期にわたって毛がない状態を維持することが可能です。一方で光脱毛は発毛組織にダメージを与えるだけに過ぎません。そのため、脱毛の効果も一時的なものだといわれています。

※出典:Food and Drug Administration「Laser Facts

万が一肌トラブルが起きた際に適切な対応を受けられる

万が一脱毛が原因で肌トラブルが起きてしまった場合も、医療脱毛であれば適切な対応を受けられます。医療脱毛は医師や看護師が施術を担当します。一方でエステサロンや脱毛サロンは、資格を持っていないスタッフでも施術できるため、何か肌トラブルが起こった場合に迅速に対処することが困難です。

脱毛の施術は、どうしても肌に負担がかかりやすく、適切に施術を行っても思わぬ肌トラブルが起こってしまう可能性があります。起こる可能性のある肌トラブルとしては、以下に挙げるものが代表的です。

  • やけど
  • 赤み
  • かゆみ
  • 湿疹

このような肌トラブルが起きた場合でも、医療脱毛なら医師や看護師が常駐しているため、すぐに適切な対応をしてもらえます。

エステサロンや脱毛サロンの場合は、自分で皮膚科を受診し、経緯を説明する必要があるでしょう。肌トラブルは放置してしまうと、痕になったり色素沈着が起きたりするため、できる限り速く正しくケアをすることが大切です。結婚式のために脱毛の施術を受けているのに、肌のコンディションを損ねてしまっては本末転倒です。なるべく肌を大事にしたい時期であれば、医療脱毛の方が向いています。

クリニックによって異なりますが、肌トラブルが起きた状況や症状次第では無料で診察を受けられる場合もあります。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜62,000
税込68,200

ブライダル脱毛には全身脱毛を検討しよう

ブライダル脱毛には全身脱毛を検討しよう

ブライダル脱毛をするなら、最初から全身脱毛を選ぶとよいです。足や背中、ワキや手の指などを部分的に脱毛すると、結局は全身脱毛の施術を受けるよりも金額が高くなってしまう場合があります。

しかも部分的に脱毛の施術を受ける場合、脱毛をした箇所とそうではない箇所とで境目ができてしまい、余計にムダ毛が目立ってしまう可能性もゼロではありません。

どこから見られてもウエディングドレスを美しく着こなせるようにするためには、全身脱毛が向いています。ただし全身脱毛を契約したとしても、プランに顔やVIOが含まれていないケースもあるので、契約をする前にプラン内容をよく確認してください。

クリニックによっては全身脱毛と顔、VIOがセットになったプランが用意されています。脱毛したい箇所全ての施術を受けられる全身脱毛なら、他の箇所も契約すればよかったと後悔することもないでしょう。

じぶんクリニックの「全身+VIO+顔」プラン

全身医療脱毛専門のクリニックである「じぶんクリニック」では、以下の2つのプランをご用意しています。

  • 全身脱毛+VIO
  • 全身脱毛+VIO+顔

ブライダル脱毛をする場合は顔の産毛を気にする方もいるため、「全身脱毛+VIO+顔」のプランを選択する方が多い傾向にあります。

「全身脱毛+VIO+顔」のプランなら、顔やえり足、背中、両ワキ、ヒジ上、ヒジ下、両手の指・甲など、結婚式で気になりやすい箇所は全て施術を受けられるため、自信をもってウエディングドレスを着こなせるようになるでしょう。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜62,000
税込68,200

ブライダル脱毛が結婚式までに間に合わない場合はどうすべき?

ブライダル脱毛を始める時期によっては、結婚式までに脱毛が完了しない場合があります。中途半端な状態で結婚式に臨まないようにするためにも、半年前には施術を受け始めましょう。どうしても脱毛が間に合わないときは、次に紹介する方法を試してみてください。

医療脱毛を受けつつ、直前にはシェービングをする

「結婚式の日までに脱毛が間に合わない」と気が付いた時点で、まずはすぐに医療脱毛の施術を受け始めましょう。医療脱毛なら約5回、施術を受ければ自己処理がいらない状態にできます。

5回の施術だと完全にツルツルにするのは難しい場合もありますが、それでも施術を受けないときと比べるとムダ毛が目立たないはずです。ムダ毛が減れば毛穴の太さがなくなった分毛穴が引き締まるので、きめ細かい肌でウエディングドレスに袖を通せます。

また結婚式の当日までに脱毛が完了しないときは、ブライダルシェービングを受けるのも一つの方法です。ムダ毛そのものを生えなくするわけではないものの、近くで見ても分からないほど丁寧にシェービングしてもらえます。ブライダルシェービングは早く受けすぎてもまたムダ毛が生えてきてしまうため、結婚式の数日から1週間前を目処に受けておくとよいでしょう。

ブライダル脱毛の施術を受ける際の注意点

ブライダル脱毛の施術を受ける際の注意点

ブライダル脱毛は、大切な結婚式に向けて受ける脱毛です。注意点を守らずに脱毛の施術を受けると、思わぬトラブルをまねく恐れがあります。ブライダル脱毛の施術を受ける際は、次に紹介する3つのポイントを押さえておきましょう。

結婚式直前に脱毛の施術は受けない

結婚式の直前に脱毛の施術を受けるのは避けてください。肌に変化がないように見えても、脱毛の施術を受けた後は少なからず負担がかかっています。赤みやかゆみなどの肌トラブルが起こる可能性があるため、余裕をもってスケジュールを立てておくことが大切です。

一番キレイな状態の肌で結婚式に臨むためにも、脱毛の施術を受けるクリニックやサロンに結婚式の予定日を共有しておき、うまくスケジュールを組んで進められるようにしましょう。

なおじぶんクリニックでは、結婚式の1カ月以内は施術を受けられません。結婚式の当日からどれくらい期間をおかなければならないのかは、クリニックやサロンによっても異なるため、事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

結婚式直前に自己処理をしない

結婚式の当日までに脱毛が完了しなかった場合、ムダ毛が気になるからといって自己処理を行うのは控えてください。特に結婚式の直前や当日の自己処理は禁物です。

カミソリを使った自己処理は、肌に刃が当たってムダ毛と一緒に表面が削られるため、どうしても大きな負担がかかります。うっかり肌を傷付けてしまう可能性があるため、直前や当日の自己処理は避けてください。

とはいえ脱毛が完了していない場合は、背中やえり足などのムダ毛が気になってしまうこともあるでしょう。背面は自分では処理が難しいため、自己処理は行わずブライダルシェービングを受けて対処しましょう。

結婚式後のライフイベントを想定しておく

ブライダル脱毛を受けるときは、結婚式が終わった後のイベントについてもしっかり考えておきましょう。どのような生活を送るのかは人それぞれですが、妊娠や出産を考えている人もいるでしょう。基本的に妊娠中や授乳中は、脱毛の施術を受けられません。

授乳が終わったら脱毛を再開できることが多いですが、育児をしながら脱毛に通うのは想像以上に大変です。結婚式までに脱毛が完了しなかったり、妊娠中に結婚式を行ったりする場合は、ライフイベントを想定して脱毛の予定を立てましょう。

まとめ

ブライダル脱毛を始める時期は、医療脱毛を受けるか光脱毛を受けるのかで異なります。医療脱毛の場合、出力が高く少ない回数で脱毛が完了するため、結婚式の半年~1年前に施術を開始すれば当日に間に合うでしょう。光脱毛の場合、医療脱毛よりも多くの回数が必要になるため、2年前には施術を始めておきましょう。

ブライダル脱毛を受ける箇所としては、えり足や背中、胸、ワキ、腕、手の指や甲、顔が人気です。部分的に脱毛するよりも全身脱毛をした方がお得になるケースが多いため、ブライダル脱毛を考えているなら全身脱毛を検討してみてください。

じぶんクリニックでは、「全身+VIO」と「全身+VIO+顔」のプランをご用意しています。特に「全身+VIO+顔」プランでは、顔から足まで全身脱毛を行えるので、自信をもってウエディングドレスを着られるでしょう。無料カウンセリングも行っているので、ブライダル脱毛に興味がある方はお気軽に予約してみてください。

鈴木 稚子 医師
この記事の監修者
鈴木 稚子 医師
診療科目:美容皮膚科
診療科目:美容皮膚科

ブライダル脱毛には、大きく分けて医療脱毛と光脱毛の2種類があります。医療脱毛は回数が少なく済むものの光脱毛より痛みが出やすいことが特徴です。痛みの程度には個人差がありますが、痛みに耐えられる方や予定に合わせて早く脱毛を完了させたい方は医療脱毛、痛みが少ない脱毛がよい方は光脱毛を選ぶとよいでしょう。なお医療脱毛の場合でも麻酔を使用してもらえることが多いので、痛みが不安な方は気軽に医師や看護師に相談してみてください。