脱毛の知識

【医師監修】医療脱毛は何歳から受けられる?未成年で脱毛を受ける際のメリット・デメリット・ポイントについて解説

医療脱毛は少なからず肌に負担をかける施術であるため、何歳から受けられるのか、子どもも医療脱毛を受けられるのかといった疑問を持つ方もいるでしょう。実際のところ、医療脱毛には明確に定められた年齢制限がありません。ただし未成年が医療脱毛を受ける際は、年齢だけでなく毛の状態なども考慮する必要があります。

本記事では医療脱毛を受けられる年齢の目安や、未成年が施術を受ける場合のメリットとデメリットなどについて解説します。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜62,000
税込68,200

医療脱毛は何歳から受けられる?

医療脱毛は「何歳から施術を受けられる」といった、法律などで定められた明確な規準はありません。しかし脱毛に適した時期は存在し、クリニックによっては医療脱毛を受ける年齢に制限を設けているケースもあります。

未成年であっても医療脱毛を受けられる

医療脱毛は大人が受けるものであるというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、未成年でも施術を受けられます。

ただし、クリニックごとに年齢制限が設けられているケースもあり、特に16歳以上から脱毛可能なクリニックが多く存在します。一方で10代前半から施術を受けられるクリニックもあるため、未成年で医療脱毛を受けたい場合は年齢制限があるかどうかあらかじめチェックしておきましょう。調べても分からない場合は、事前カウンセリングや電話で相談してみてください。

脱毛を検討する際に目安になるポイント

未成年が脱毛を検討する際は体の成長や毛の状態を考慮して、脱毛に適したタイミングかどうか判断しましょう。

  • アンダーヘアが生えそろっているか
  • 生理が来ているか

上記を満たしていない場合、医療脱毛を受けても十分な脱毛効果を発揮できなかったり、再び新たな毛が生えてきたりする可能性があります。

特に子どもの体毛は色素が薄く、毛自体も細い傾向にあります。医療脱毛は毛に含まれるメラニン色素とレーザーが反応して効果を発揮するため、太く濃い毛が少ない子どもの毛質ではレーザーが効率よく反応しません。結果として発毛組織を十分に破壊できず、施術を受けても毛が残ってしまう可能性があります。

子どもから大人に成長する過程で毛のメラニン色素は濃くなり、太くなっていきます。毛がある程度成長した状態が、医療脱毛に適したタイミングといえるでしょう。

アンダーヘアが生えそろっているか

医療脱毛に適したタイミングを見極める一つの目安として、アンダーヘアが生えそろっているかどうかを確認してみてください。

具体的には以下に示す「Tannar分類」と呼ばれる第二次性徴の5分類を指標に、医療脱毛のタイミングを判断します。(※)5段階のうちどのステージに当てはまるか、確認してみてください。

  1. 陰毛なし
  2. 長くやや黒さを増したうぶ毛様の真っ直ぐなまたはややカールした陰毛を認める
  3. 陰毛は黒さを増し、硬くカールして、まばらに恥骨結合部に広がる
  4. 陰毛は硬くカールして、量、濃さを増し成人様となるが、大腿中央部までは広がっていない
  5. 成人型、陰毛は大腿部まで広がり逆三角形となる

※出典:日本産婦人科医会「思春期とは

ステージ1〜3の状態の場合は陰毛の成長が不十分なため、医療脱毛を受けるのに適切なタイミングではありません。ステージ4〜5の状態であれば、ある程度レーザーが反応できる毛に成長しているといえるため、医療脱毛を検討してもよいでしょう。

生理が来ているか

アンダーヘアの生え具合だけでなく、生理が来ているかどうかも医療脱毛のタイミングを見極めるポイントの一つです。

初経を迎え思春期が訪れると、子どもから大人の体へと急速に成長します。これに伴い、濃く太いしっかりとした毛が生えてきます。生理が来ておらず毛がまだ細い状態で脱毛を受けても、十分な脱毛効果は期待できません。生理周期が安定してから脱毛を受けるようにしましょう。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜62,000
税込68,200

未成年が医療脱毛を受けるメリット

未成年が医療脱毛を受けるメリット

医療脱毛は大人だけでなく子どもにとっても多くのメリットがあります。さまざまなメリットについて詳しく紹介するので、未成年から医療脱毛を受けるかどうか判断する上での参考にしてください。

肌にかかる負担が軽減される

医療脱毛を受けることで、肌にかかる負担を軽減できます。思春期に入りムダ毛が気になってくると、自己処理をする方も多いです。しかし自己処理の方法を誤ると肌にダメージを与えたり、けがをしたりしてしまいます。

例えばカミソリで自己処理をする場合、刃を肌に直接当てることにより微細な傷が付き、ニキビなどの肌荒れを引き起こしかねません。また毛抜きで自己処理をすると毛穴や毛根に物理的なダメージを与え、炎症や感染症につながる可能性もあります。

医療脱毛を受けてムダ毛が目立たなくなれば、自己処理の頻度も減ります。結果として肌にかかる負担も少なくなり、健康的な肌を維持できるでしょう。

肌が乾燥しにくくなる

医療脱毛を受けると自己処理による直接的なダメージを減らせるだけでなく、自己処理によって発生する肌の乾燥も防げます。

自己処理後の肌は、乾燥しやすくなります。肌の乾燥はバリア機能の低下をまねき、肌トラブルにつながりかねません。多くの子どもは健康や美容に関する知識が不十分なため、自己処理後の保湿が習慣化していないケースも多いです。

自己処理後に保湿をせずに放置しておくと、自己処理による肌への物理的な負担に加えて乾燥によるダメージも重なります。医療脱毛により毛の量を減らすことで、自己処理の回数自体が少なくなるため、肌の乾燥も改善に向かうケースがあります。

また脱毛期間中は積極的に保湿をするよう医師や看護師から推奨され、指導されることが多いため、結果として肌が乾燥しにくい習慣づくりにつながるでしょう。

コンプレックスが改善される

医療脱毛でムダ毛が減るとコンプレックスの改善につながり、自分に自信を持てるようになります。

前述のとおり思春期を迎えると体の成長速度が加速し、徐々にムダ毛が目立ち始めます。遺伝などにより毛が濃い場合、周囲に見られること自体がストレスになるでしょう。

医療脱毛によりムダ毛を目立たなくすれば、周りから肌を見られるストレスも格段に減り、コンプレックスの解消にもつながります。自信が出ずに今まで着られなかったファッションにも挑戦できるようになるでしょう。

お金と時間の節約になる

医療脱毛で永久脱毛をして自己処理が不要になれば、長期的にはお金や時間の節約につながります。

医療脱毛を受けるにはある程度まとまったお金が必要です。その一方で定期的にムダ毛の自己処理をする場合も、電気シェーバーやカミソリ、シェービングに使用する保護クリームなどのコストがかかり続けます。一度永久脱毛の施術を済ませば、自己処理に必要なアイテムを定期的に購入する必要はなくなり、金銭面での節約になるでしょう。

また自己処理は思いのほか、手間と時間がかかります。永久脱毛によって毎日自己処理に充てていた時間が減れば、勉強や部活などに使える時間が増え、日々の充実につながります。

時間の融通が利きやすい

未成年のうちは時間の融通が利きやすいため、脱毛計画を立てやすい点もメリットです。

医療脱毛は一回の施術で完了するものではありません。毛周期に合わせて平均1〜3カ月に1回の頻度での施術が推奨されています。個人差はありますが、ムダ毛を目立たなくするには約5回は施術を受けるようにしましょう。

大人になると仕事の都合などにより、適切なタイミングで施術を受け続けることが難しいケースも多いです。勉強や部活に忙しい未成年の方もいますが、大人よりは時間を調整しやすい場合が多いため、未成年のうちに医療脱毛を済ませておくとよいでしょう。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜62,000
税込68,200

未成年が医療脱毛を受けるデメリット

未成年が医療脱毛を受けるデメリット

ここまで未成年が医療脱毛を受けるメリットを説明しました。一方で未成年が知っておくべき医療脱毛のデメリットも存在します。以下で詳しく解説します。

施術を受けるときに肌への負荷がかかりやすい

子どもは大人よりも肌が薄いため、脱毛の施術時にダメージを受けやすい点がデメリットです。医療脱毛で照射するレーザーは毛のメラニン色素と反応し、熱を発生させます。照射方式によっては肌が瞬間的に数十度〜数百度まで到達することもあるため、やけどや炎症といった肌トラブルにつながりかねません。肌の状態や肌質に合わせて、レーザーの出力を適切に調節してもらう必要があります。

また運動系の部活などに所属している方は、紫外線を浴びている時間が長いため日焼けしている場合も多いでしょう。日焼けをした肌に医療脱毛のレーザーを当てると肌のメラニン色素と反応して過剰な熱が発生し、肌トラブルのリスクが高まります。日焼けの状態によっては、医師や看護師の判断のもと、施術を受けられない場合があることを覚えておきましょう。肌へのダメージが心配な未成年の方は、事前に医師や看護師に相談してください。

施術を受けるときに痛みを感じやすい

前述のとおり子どもの肌は薄いため、レーザーを照射した際に発生する熱によって痛みを感じやすいです。医療脱毛は熱の力で発毛組織を破壊する仕組みであるため、施術を受けるときはある程度の痛みが生じることを覚えておいてください。

なお、痛みの感じ方には個人差があります。体の成長や体質にも左右されるため、不安な方は事前にテスト照射を受けられるクリニックを選ぶとよいでしょう。

成長の過程で毛が生えてくる可能性がある

施術を受ける時期が早すぎると、医療脱毛を完了しても再度発毛してしまう可能性があります。前述したとおり、思春期に入る前の体毛は薄く細いため、レーザーを照射しても十分に反応せず発毛組織を効率よく破壊できません。レーザーは濃く太い毛に多く含まれるメラニン色素に反応するためです。

また医療脱毛では、毛が生える前の毛穴にレーザーを照射しても脱毛効果は得られません。メラニン色素を含む毛自体が存在しなければ、レーザーを照射しても意味をなさないからです。未成年で脱毛を受ける場合は、ある程度毛が生えそろったタイミングを狙いましょう。

未成年が医療脱毛を受ける際に押さえておくべきポイント

未成年が医療脱毛を受ける際に押さえておくべきポイント

ここまで未成年が医療脱毛を受けるデメリットについて解説しました。特に痛みや肌トラブルに対しては、日頃から正しい対策をすることが大切です。ここからは、未成年が医療脱毛を受ける際に押さえておくべきポイントについて詳しく説明します。

肌トラブルのリスクを把握しておく

未成年が医療脱毛を受けるときは、肌トラブルのリスクをしっかりと把握しておきましょう。子どもの皮膚は大人より薄いため、肌トラブルが生じる可能性が高いです。以下に、脱毛でよく起こる副作用の代表例をまとめました。

肌トラブルの代表例 説明
赤み・ヒリヒリ感 照射をしたときの刺激による痛み
毛嚢炎(もうのうえん) 毛穴に細菌が侵入して引き起こされる炎症
やけど レーザーを照射するときに発生する熱によるもの
色素沈着 肌への刺激によるシミ・黒ずみ
増毛・硬毛化 施術後に毛が増加・硬化する現象

子どもの肌はデリケートであり外部からの刺激に対する抵抗力が弱いため、レーザーの照射により赤みやヒリヒリ感を覚えるケースが多いです。また日焼けにより肌の色素が濃くなっている場合は、やけどや色素沈着のリスクもあります。あらかじめ上記に挙げたリスクがあると理解しておき、不安な点は事前に医師や看護師に相談してください。

保湿を徹底する

子どもの肌は少しの刺激でダメージを受けやすいため、大人以上に気をつかって肌の健康状態を保つ必要があります。特に脱毛後は自己処理後と同様、肌が乾燥しやすくなるため、肌のバリア機能を維持するためにも保湿を徹底しましょう。

子どもは保湿剤を体に塗る習慣が身についていないケースも多いです。肌が乾燥したままの状態を放置しておくと、炎症やかゆみを誘発します。肌トラブルなく医療脱毛を完了するためにも、脱毛期間中は保湿を心がけてください。

保湿では化粧水を用いて肌に水分を与え、その後に乳液や保湿クリームで潤った肌をキープするようにしてください。保湿剤自体が肌へ刺激とならないよう、低刺激または子どもにも使用できる旨が記載されているものを使うとよいでしょう。

日焼け対策をする

子どもは学校の行事や運動系の部活などにより、紫外線を浴びる時間が長い傾向にあります。日焼けをしてしまうと、脱毛の施術時に痛みや肌トラブルが生じやすいです。日焼けの状態によっては、脱毛の施術を受けられないこともあるため、日常生活でも日焼け対策を徹底することが大切です。

紫外線が直接肌に当たるのを防ぐために長袖の服や帽子を着用すると、日焼け対策になります。ただし学校生活における服装は指定されている場合も多い上に、夏場の長袖は熱中症につながる恐れもあるため、普段は日焼け止めによる対策がおすすめです。

ただし脱毛後の肌は普段よりも敏感で刺激を受けやすい状態のため、肌に刺激がある日焼け止めクリームを塗るのは控えましょう。日焼け止めクリームに含まれる成分は肌に刺激を与えます。脱毛の直後はできるだけ外出を控える、肌に優しい日焼け止めを使用する、長袖の服や帽子を着用するなどの方法で対策してください。

また、学校行事などでやむを得ず日焼けをしそうな日程と、脱毛の施術のタイミングが重なりそうな場合はできるだけ早めにクリニックに連絡しましょう。施術日の変更が必要かどうか医師や看護師に相談してください。

保護者の同意が必要

未成年が脱毛を受けるには、保護者の同意を得た上で同意書への署名や捺印が必要です。またクリニックによっては本人の年齢確認や、保護者の同伴が求められる場合があります。

脱毛はメリットも多いですが、未成年の体には少なからず負担になる施術であり、高額な費用がかかるものです。必ず保護者に相談し、可能であれば一緒に契約内容を確認しながら検討してください。

保護者の理解を得ずに契約をしようとしても、契約をする際に保護者へ電話確認の連絡が入る場合もあります。未成年の方で脱毛に興味がある場合は、まずは保護者に脱毛を検討していることや調べたプランなどを伝え、脱毛を受けてもよいか、受けるべきかを相談してみましょう。

また未成年が脱毛を受ける際の細かい注意事項は、クリニックによってもそれぞれ異なります。ホームページ上に詳細が記載されているケースが多いため、あらかじめチェックしておきましょう。ホームページを見ても分からない場合は、電話での問い合わせや事前カウンセリングで確認してみてください。

痛みに配慮した脱毛機を取り扱っているクリニックを選ぶ

前述のとおり未成年は肌がデリケートなため、レーザーを照射するときに発生する熱で痛みを感じやすいです。痛みの感じやすさは脱毛機の種類によっても異なります。痛みが心配な方は、できるだけ痛みを感じにくい脱毛機を導入しているクリニックを選ぶとよいでしょう。

医療脱毛のレーザー脱毛機は、照射方式によって蓄熱式と熱破壊式の2種に分類され、特にレーザーの出力に大きな違いがあります。

蓄熱式は熱破壊式より低出力のレーザーを照射するため、個人差はあるものの一般的に痛みが少ない傾向にあります。一方で熱破壊式に用いるレーザーは高出力のため、照射をするときに高熱が発生し痛みが生じやすいです。ただし熱破壊式でも照射と同時に肌を冷却する機能が搭載されている機種であれば、ある程度痛みを抑えられます。不安な方は、痛みに配慮した脱毛機を利用しているかクリニックに確認しておきましょう。

麻酔を受けられるクリニックを選ぶ

施術を受ける際の痛みを抑えたい方は、麻酔の取り扱いがあるクリニックを選ぶのもポイントです。脱毛クリニックは正式な医療機関のため、麻酔の取り扱いが可能です。

ただし場合によっては麻酔を使用できる箇所が限られていたり、麻酔自体を使用しない方針のクリニックもあったりします。麻酔を使用したい方は事前にホームページで確認するか、事前カウンセリングで相談してください。

大人よりも施術回数が増える可能性がある

一般的に子どもの毛は大人よりも細くメラニン色素が薄いため、脱毛の施術を受けても発毛組織を効率よく破壊できず、脱毛の期間が長引く傾向にあります。

脱毛箇所にもよりますが、大人であれば一般的に5〜8回の医療脱毛で自己処理が楽になります。しかし子どもの場合は、大人よりも施術回数が多くかかる可能性があると認識しておきましょう。ただし実際にかかる施術回数には個人差があるため、不安や疑問が残る方は事前カウンセリングで相談してみてください。

脱毛するならじぶんクリニック! お得な特別プラン実施中
全身+VIO
医療脱毛
5
税抜62,000
税込68,200

まとめ

医療脱毛は、何歳から施術を受けられるといった明確な規準が設けられていません。クリニックによっては10代前半から施術を受けられる場合もあるでしょう。ただしある程度、体が成長して毛が生えそろってからでなければ、十分な脱毛効果を得られない場合もあります。また未成年の肌は薄くデリケートであるため、脱毛の施術前後では大人よりも肌の健康状態に気を使って過ごしましょう。

全身医療脱毛の専門クリニックである「じぶんクリニック」では、12歳以上の中学生であれば医療脱毛を受けることが可能です。ただし中学生の場合は、年齢が確認できるものの提示と、施術を受ける本人と親権者が同伴で説明を受ける必要があります。未成年の脱毛には多くのリスクが伴うため、親権者同伴で注意点を把握した上で契約をしてください。

なお、中学生以外の未成年(18歳・19歳・高校生を含む)がじぶんクリニックで脱毛を受けるときは、親権者が同伴するか、親権者の署名と捺印がある同意書を持参すれば問題ありません。また16歳未満の方が脱毛を受ける場合、20時より前に脱毛の施術が終了する時間帯しか予約できないのでご注意ください。

じぶんクリニックでは痛みに配慮した脱毛機を2種類取り扱っています。事前にテスト照射ができるほか、痛みに不安がある場合は塗り麻酔を受けられるので、お気軽にご相談ください。未成年者で脱毛に挑戦したい方は、まずは保護者の方と一緒に無料カウンセリングを予約してみてはいかがでしょうか。

大井 美恵子 医師
この記事の監修者
大井 美恵子 医師
診療科目:皮膚科・内科・小児科
診療科目:皮膚科・内科・小児科

第二次性徴を迎えてある程度毛が成長した状態でないと、医療脱毛を受けても十分な脱毛効果は得にくいです。そのため、脱毛を受けるタイミングは慎重に判断してください。脱毛を検討している未成年の方は、すでにムダ毛がある程度目立つ状態であると推測されます。本記事を参考にしながら、脱毛のタイミングに適した状態かどうかチェックしてみてください。自分では判断できない場合は、一度カウンセリングを受けて医師や看護師に相談してみてもよいでしょう。